アウス消化薬の効能・用量・副作用など

アウス消化薬の特徴

食物は,消化液中に含まれる消化酵素により,しだいに消化され,やがて吸収されていきます。しかし,胃腸の働きが弱まると,消化が十分に行われなくなって,食欲もなくなります。
アウス消化薬は胆汁末とウコン末,それに消化酵素を配合した胃腸薬で,消化を促進して食べすぎ,もたれに効果をあらわします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 消化薬
形状 錠剤 
製造会社 森田薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 いけだや熊参丸   ウルタン   オータカラーゼ   オルスビー   オルスビー錠  



アウス消化薬の効能・効果

食べ過ぎ(過食),もたれ(胃もたれ),消化促進,消化不良,食欲不振(食欲減退),胸つかえ,消化不良による胃部・腹部膨満感

アウス消化薬の用法・用量

次の1回量を1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):5錠:3回
11〜14才:4錠:3回
8〜10才:3錠:3回
5〜7才:2錠:3回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

アウス消化薬の成分・分量

15錠中
胆汁末 300mg
ウコン末 200mg
ビオヂアスターゼ2000 45mg
(添加物)
乳糖,セルロース,無水ケイ酸,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ステアリン酸マグネシウム

アウス消化薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)2週間位服用しても症状がよくならない場合

アウス消化薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)ビンのフタはよくしめてください。しめ方が不十分ですと湿気などのため変質することがあります。また,本剤をぬれた手で扱わないでください。
(5)ビンの中のつめ物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いてください。
(6)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。