ニッスイガロールの効能・用量・副作用など

ニッスイガロールの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消化薬
形状 錠剤
製造販売会社 日水製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ニッスイガロールの特徴

胃腸のはたらきは,食事から摂った食物を胃液や胆汁,消化酵素によって消化し,栄養素として吸収を行うことです。疲れや老化などで胃腸機能が低下し,胃酸や膵臓からの消化酵素,胆汁の分泌が低下すると消化力が低下し,栄養素が体内に吸収されにくくなります。
ニッスイガロールは,消化を高め,胃腸のはたらきを助ける胃腸薬で,消化不良や食欲不振を改善します。また,もたれ,食べ過ぎなどで疲れた胃腸にはたらき,胃腸の元気を応援します。

ニッスイガロールの効能効果

消化促進,消化不良,食欲不振(食欲減退),食べ過ぎ(過食),もたれ(胃もたれ),胸つかえ,消化不良による胃部・腹部膨満感

ニッスイガロールの用法用量

次の1回量を1日3回 食後に服用する。
[年令:1回量]
成人(15才以上):5錠
11才以上15才未満:4錠
8才以上11才未満:3錠
5才以上8才未満:2錠
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

ニッスイガロールの成分分量

15錠中
胆汁末 300mg
ビオヂアスターゼ2000 45mg
(添加物)
乳糖水和物,ヒドロキシプロピルスターチ,香料,ケイ酸アルミニウム,セルロース,無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム

ニッスイガロールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ニッスイガロールの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
2.小児の手のとどかない所に保管すること。
3.他の容器に入れかえないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
4.水分が付いた錠剤は,瓶に戻さないこと(変色の原因になったり品質が変わる)。
5.表示の使用期限を過ぎたものは服用しないこと。

ニッスイガロールに効果効能が似た薬

ニッスイガロールが気になる人向けのコラム

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

肝臓病の8割はウイルス性-肝臓の働きと病気を予防する方法

肝臓は人間の体の中で最も大きな臓器で、重さは成人で1.2~1.5kg。三角形に近い形をしていて、右葉と左葉という2つの部分に分かれます。右脇腹の肋骨の内側に位置しています。
肝臓の中には3,000億個以上もの肝細胞が詰まっていて、その... 続きを読む

ヒスチジンを摂取して食欲コントロール

ヒスチジン
噛めば噛むほど満腹感が得られるので、減量にはよく噛むことが良いとされてきましたね。
これは、噛むことにより脳内からヒスタミンという成分が分泌され、食欲抑制に繋がるからだと最近の研究で分かりました。
よく噛むことはダイエッ... 続きを読む