ワカモト消化薬の効能・用量・副作用など

ワカモト消化薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消化薬
形状 錠剤
製造販売会社 わかもと製薬
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

ワカモト消化薬の特徴

ワカモト消化薬は,2種の消化酵素に,脂肪の消化を助ける成分を配合し,様々な胃腸の症状を改善します。
◆脂肪,タンパク質の消化を助けるニューラーゼとでんぷんの消化を助けるビオヂアスターゼ2000を配合しています。
◆胆汁の分泌を促進するウルソデオキシコール酸が,脂肪の消化を助けます。
◆スッキリした服用感です。
◆飲みやすい小粒の錠剤です。

ワカモト消化薬の効能効果

もたれ(胃もたれ),胸つかえ,食欲不振(食欲減退),消化不良,消化促進,食べ過ぎ(過食),消化不良による胃部・腹部膨満感

ワカモト消化薬の用法用量

次の用量を1日3回,食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):3錠:3回
8歳以上15歳未満:2錠:3回
5歳以上8歳未満:1錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ワカモト消化薬の成分分量

9錠中
ビオヂアスターゼ2000 60mg
ニューラーゼ 240mg
ウルソデオキシコール酸 12mg
(添加物)
ケイヒ末,l-メントール,結晶セルロース,トウモロコシデンプン,硬化油

ワカモト消化薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
 (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
 (1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
 (2)2週間位服用しても症状がよくならない場合

ワカモト消化薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)服用のつどキャップをよくしめてください。(湿気などの影響で品質が変わります。)また,ぬれた手で扱わないでください。
(5)一度開封した後は,品質保持の点から用法・用量どおりになるべく早く服用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ワカモト消化薬が気になる人向けのコラム

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

皮下脂肪、内臓脂肪に続く「第3の脂肪」が怖い4つの理由

東アジアと南アジアの約112万人を対象とするコホート研究のデータ解析を基に、BMIと心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中)による死亡リスクの関連が検討されました。その結果、東アジア人(日本、韓国、中国、台湾、シンガポール)では、BMI*が25以上... 続きを読む

ウォーキングとカテキンで予防-メタボと隠れ肥満

厚生労働省『平成16年国民健康・栄養調査』によると、男性では20歳以上の肥満者(BMI 25以上)の割合が、ここ20年間で増え続けています。とくに30~60歳代では平成16年の肥満者は30%前後に達しており、現代の中高年男性はまさにメタボ... 続きを読む

肝臓病の8割はウイルス性-肝臓の働きと病気を予防する方法

肝臓は人間の体の中で最も大きな臓器で、重さは成人で1.2~1.5kg。三角形に近い形をしていて、右葉と左葉という2つの部分に分かれます。右脇腹の肋骨の内側に位置しています。
肝臓の中には3,000億個以上もの肝細胞が詰まっていて、その... 続きを読む

遅めに夕食を食べても太らない方法とは? 夜9時以降の太らない夕食

残業が多くて夕食の時間が遅くなることはしょっちゅうという人、多いのではないでしょうか。でも、夜遅い時間の食事が肥満やメタボの原因になることはご存じですか?
夜遅く食べると、食後すぐに寝てしまったり、起きていても夜はあまり体を動かさない... 続きを読む