キャベジンコーワ細粒の効能・用量・副作用など

キャベジンコーワ細粒の基本情報

キャベジンコーワ細粒

キャベジンコーワ細粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 興和
販売会社 興和新薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

キャベジンコーワ細粒の特徴

私たちの食生活は年々よくなってきており,平均寿命も延びています。ところが,その反面,おいしいものが何でも食べられるために,食べ過ぎたり,お酒を飲みすぎたりして,胃や腸などの消化器系諸臓器に負担がかかり,年齢と共に弱ってくるこれら諸臓器の寿命に悪い影響を与えているケースが増えてきているのです。キャベジンコーワ細粒は,このような胃や腸などの諸臓器を元気に修復し,正常に整えるためのお薬で,粘膜のすぐれた修復成分であるMMSC(メチルメチオニンスルホニウムクロリド)を1日量として150mg配合してあります。
おのみになっていますと,弱ってきた胃や腸などの諸臓器は,次第に正常な状態に整えられてまいります。サラサラの細粒状ですから,大変のみやすく,どこへでもお持ちいただけます。

キャベジンコーワ細粒の効能効果

胃酸過多,胸やけ,げっぷ,胸つかえ,胃部不快感,胃重,胃痛,胃部・腹部膨満感,もたれ,嘔吐,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),飲みすぎ,食べ過ぎ,食欲不振,胃弱,消化不良,消化促進

キャベジンコーワ細粒の用法用量

次の量を毎食後水又は温湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
11歳以上15歳未満:2/3包:3回
8歳以上11歳未満:1/2包:3回
8歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

キャベジンコーワ細粒の成分分量

3包(3.9g)中
メチルメチオニンスルホニウムクロリド 150mg
水酸化アルミニウム・炭酸水素ナトリウム共沈物 1370mg
酸化マグネシウム 330mg
ロートエキス3倍散 90mg (ロートエキス30mg)
ウイキョウ末 300mg
ショウキョウ末 100mg
チョウジ末 50mg
ビオヂアスターゼ2000 30mg
(添加物)
硬化油,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ヒドロキシプロピルセルロース,D-マンニトール,メチルセルロース,センブリ,l-メントール,香料,トウモロコシデンプン,デキストリン

キャベジンコーワ細粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
透析療法を受けている人。
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
胃腸鎮痛鎮痙薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがあります。)
4.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
腎臓病,心臓病,緑内障
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
口のかわき
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
その他の注意
■その他の注意
母乳が出にくくなることがあります。

キャベジンコーワ細粒の保管上の注意

(1)高温をさけ,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)使用期限(外箱に記載)をすぎた製品は服用しないでください。

キャベジンコーワ細粒に効果効能が似た薬

キャベジンコーワ細粒が気になる人向けのコラム

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック

社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だったりと発達障害の人が苦手とする分野があります。注意しているのに困難な場合は、発達障害かもしれません。まずは、セルフチェックを行ってみましょう。 社会に出てから気づく
... 続きを読む

解熱剤が必要なのはどんな時? 飲まなくてもいい場合とは

熱が出る仕組みを知れば、あわてて解熱剤を飲む必要はなし。体が熱を発する原因や、体温が上昇・低下する仕組みを解説いたします。 熱は体の防御反応。辛くなければ解熱剤は必要ありません 熱が出た時、その症状を弱めるために使われるのが解熱剤です... 続きを読む

末端冷え性の改善方法とは? 足先が冷える原因と改善のポイント

末端まで血流を流してポカポカにするには? 末端にある足先は、最も冷えやすい箇所。血流を促し、自力で温まることができるようになる方法をご紹介します。 末端にあたる足先は、血液の巡りが一番後回しになる箇所 体温と血流は、深い関わりがありま... 続きを読む

風邪を引きやすい人は体が冷えている? 風邪と冷えの関係|4つの改善法

体が冷えている人は風邪をひきやすい。これには、体にもともと備わっている免疫力が関係しています。冷えの改善法とともにご紹介します。 冷え性の人は免疫力が弱い傾向が 寒いところに長時間いた翌日、風邪をひいたという経験ありませんか。冷えは、... 続きを読む