ステイブ胃腸薬の効能・用量・副作用など

ステイブ胃腸薬の基本情報

ステイブ胃腸薬

ステイブ胃腸薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ステイブ胃腸薬の特徴

ステイブ胃腸薬は,
1.弱った胃に活力を与えるガジュツ末など各種健胃生薬
2.脂肪の消化を助けるウルソデオキシコール酸
3.傷んだ胃粘膜を保護するカンゾウ(甘草)末
を配合した胃の弱い方などのための胃腸薬です。

ステイブ胃腸薬の効能効果

●もたれ(胃もたれ),胃部不快感,胃部・腹部膨満感,胃弱。
●食べ過ぎ(過食),飲みすぎ(過飲),消化不良,消化促進,食欲不振(食欲減退),胃重。
●吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐。
●胸やけ,胸つかえ,胃酸過多,げっぷ(おくび),胃痛

ステイブ胃腸薬の用法用量

次の量を食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上:1包:3回
11才以上15才未満:2/3包:3回
8才以上11才未満:1/2包:3回
5才以上8才未満:1/3包:3回
3才以上5才未満:1/4包:3回
3才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)本剤は水又はぬるま湯で服用してください。

ステイブ胃腸薬の成分分量

1包(1.5g)中
ガジュツ末 100mg
ウルソデオキシコール酸 10mg
カンゾウ(甘草)末 120mg
オウレン末 80mg
ケイヒ末 75mg
ゲンチアナ末 40mg
チョウジ末 40mg
コショウ末 8mg
炭酸水素ナトリウム 530mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,l-メントール,アセンヤク,アマチャ,ケイ酸アルミニウム,ステアリン酸マグネシウム,セルロース,白糖,ヒドロキシプロピルスターチ,d-ボルネオール,無水ケイ酸

ステイブ胃腸薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、
この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘、下痢
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ステイブ胃腸薬の保管上の注意

(1)直射日光のあたらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(4)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

ステイブ胃腸薬が気になる人向けのコラム

疲れやストレスにはグレープフルーツのアロマオイルがおすすめ

ストレスや疲れがたまったときは、理由もなく無気力になったり、集中力が低下したり、精神的にも不安定になりがちです。
フルーツでおなじみのグレープフルーツの学名はCitrus paradisiといい、「パラダイスのシトロン(ミカン)」という... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

安倍首相もなった機能性胃腸症とは-症状や治療法、生活習慣など

安倍元首相の突然の辞任表明に引き続き、「機能性胃腸症で緊急入院」のニュースが流れたのは先月のこと。このときはじめて「機能性胃腸症」という病名を知った人、多かったのではないでしょうか?
機能性胃腸症は一言でいうと「検査をしても異常がないの... 続きを読む

胸焼けやゲップの原因は胃食道逆流症かも? 8つのセルフケア術

食事の後に胸焼けが起こる、酸っぱいものがこみ上げてくる、げっぷが出やすい──などという不快な症状にたびたび見舞われるようなら、それは「胃食道逆流症」かもしれません。この病名、あまりなじみがないかもしれませんが、以前は「逆流性食道炎」と呼ば... 続きを読む