ラランの効能・用量・副作用など

ラランの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 錠剤
製造販売会社 大昭製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ラランの特徴

ラランは、たんぱく質、糖質(炭水化物)などの消化を助ける酵素ビオヂアスターゼ1000及びプロザイム6、脂肪の消化を助けるウルソデオキシコール酸を配合した胃腸薬です。また消化を助け爽快感のある生薬を配合した胃腸薬です。

ラランの効能効果

胃もたれ,食べ過ぎ,消化不良,消化促進,飲みすぎ,胸やけ,食欲不振,胃酸過多,胃痛,げっぷ,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき),胃部・腹部膨満感,胃弱

ラランの用法用量

次の1回量を1日3回食後に服用してください。
[1回量]
15才以上:3錠
11?15才未満:2錠
8?11才未満:1.5錠
5?8才未満:1錠
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
1.定められた用法、用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.5才未満の乳幼児には使用しないでください。
4.錠剤の取り出し方は右図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してから服用して下さい。(誤ってそのまま飲み込んだりすると、食道粘膜に突きささる等思わぬ事故につながります)

ラランの成分分量

9錠中
ビオヂアスターゼ1000 50mg
プロザイム6 5mg
ウルソデオキシコール酸 20mg
水酸化アルミナマグネシウム 1.05g
合成ケイ酸アルミニウム 600mg
重質炭酸マグネシウム 300mg
ケイヒ末 300mg
ショウキョウ末 100mg
チョウジ末 60mg
(添加物)
l-メントール,乳糖,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム

ラランの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
透析療法を受けてる人
2.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)本人または家族がアレルギー体質の人。
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)2週間位服用しても症状がよくならない場合。
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談すること
便秘,下痢

ラランの保管上の注意

1.小児の手の届かない所に保管してください。
2.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質がかわることがあります)
4.使用期限をすぎた製品は服用しないでください。

ラランが気になる人向けのコラム

スポーツ選手のイメージトレーニングを実践! 6つの注目ポイント

「ゴルフやテニスなどのスポーツで、腕を上げたいときによく行われるのが、「イメージトレーニング」。これは、プロ選手のプレー風景を見て、フォームなどを学ぶことを指しています。
このとき、漠然と見るのではなくて、これからお話しする6つのポイ... 続きを読む

HSP

病気から体を守り健康を維持するだけでなく、シミやシワを防ぐ美肌効果もある「ヒートショックプロテイン(以下HSP)」。1962年にイタリアのリトサ博士がショウジョウバエの幼虫に熱ショックを与えた結果、急激に増えるたんぱく質を発見したのが始ま... 続きを読む

夏バテにならない食事法とは? 量より質が大事


「体がだるい」「食欲が低下した」など、今年も、またつらい夏バテの季節がやってきました。
夏バテの症状は、慢性的な疲労や食欲不振、イライラ、めまいなど。放っておくと熱中症など致命的な病気につながるケースもあるので、甘くみるのは禁物で... 続きを読む

写真美人になれるフォトスタジオ|メークから表情の作り方まで

皆さんは、写真に写るのが好きですか?それとも嫌いですか? 「思い出にもなるし、写真を撮るのは嫌いではないけど写真写りがよくないからカメラは苦手」という声が聞こえてきそうです。
そう、そういう私も写真に撮られるのが“大”の苦手なのです... 続きを読む

糖分を上手にとって中性脂肪を下げる-甘党も辛党も糖分過多かも

メタボリックシンドロームに関心が集まるなかで、糖質のとりすぎに対する注意が叫ばれています。糖質とは、三大栄養素の一つである炭水化物のうち、食物繊維を除いたもの。食事でとった糖質は、肝臓でグリコーゲンになり、エネルギーとして使われますが、使... 続きを読む