ワキ胃腸薬セダンの効能・用量・副作用など

ワキ胃腸薬セダンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 ワキ製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ワキ胃腸薬セダンの特徴

ワキ胃腸薬セダンは,生薬をバランスよく配合し,二日酔,食欲不振,胸やけ,食べすぎ,胃の不快感などに効きめがある爽やかな香りのスッキリと飲みやすい顆粒タイプの胃腸薬です。

ワキ胃腸薬セダンの効能効果

胃弱,食べ過ぎ,飲み過ぎ,胃痛,胃酸過多,胸やけ,胃部不快感,胃もたれ,胃重,胸つかえ,げっぷ,嘔吐,吐き気(むかつき,二日酔・悪酔のむかつき,悪心),食欲不振(食欲減退),胃部・腹部膨満感,消化不良

ワキ胃腸薬セダンの用法用量

[年齢:1回量]
15才以上:1包
11才以上15才未満:2/3包
8才以上11才未満:1/2包
5才以上8才未満:1/3包
3才以上5才未満:1/4包
いずれも1日3回食後服用する。
(用法関連注意)
(1)用法及び用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

ワキ胃腸薬セダンの成分分量

3包中
ビオヂアスターゼ 300mg
炭酸水素ナトリウム 900mg
酸化マグネシウム 200mg
合成ケイ酸アルミニウム 440mg
ケイヒ末 200mg
カンゾウ末 300mg
ゲンチアナ末 250mg
ロートエキス 20mg
(添加物)
l-メントール,ウイキョウ油,ヒドロキシプロピルセルロース,アラビアゴム末

ワキ胃腸薬セダンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
透析療法を受けている人。
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
胃腸鎮痛鎮痙薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがある。)
4.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
腎臓病,心臓病,緑内障
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
口のかわき,便秘,下痢
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
その他の注意
■その他の注意
母乳が出にくくなることがある。

ワキ胃腸薬セダンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。

ワキ胃腸薬セダンに効果効能が似た薬

ワキ胃腸薬セダンが気になる人向けのコラム

「お香」で心も体もリラックス-日本のお香が体にいい理由

白檀(びゃくだん)のお線香のにおいや新しい畳のにおいをかいだとき、小さいころ行った田舎のおばあちゃんの家を思い出したり、香水のにおいから大好きだった人のことを思い出したり、香りによって懐かしいできごとや人の記憶がよみがえることはありません... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

ベランダでハーブを育てよう! 5つの注意点とハーブの効能

忙しい状態が続くと、心にゆとりを失いがちになります。自然に触れる機会の少ない都会では、なおさらですね。
自然は、たとえ小さな草花でも、四季の移り変わりなど私たちに多くのことを教えてくれます。実際に自分で育てた草花ならば、成長していく姿を... 続きを読む

リスクだらけの腸内洗浄は自分でやっちゃダメ!怖い後遺症

腸の病気の治療や出産などで医学的に便の排出を促す必要がある場合に、「腸洗浄(浣腸や高圧浣腸ともいいます)」を行うことがあります。
その方法は、レバー付の管を肛門に入れ、温めた滅菌蒸留水またはコーヒーを主成分とする溶液を断続的に注入し排便... 続きを読む

春のストレスや不安感やイライラをアロマで解消-オイルの使い方

はるか昔から世界のさまざまな地域で、その土地でとれる植物の力や人の手などを利用した自然療法が、家庭でも一般的に行われていました。今日のように西洋医学が普及していなかった時代には、身近に手に入れやすい材料を利用して体の不調を治すことが、あた... 続きを読む