胃養丸の効能・用量・副作用など

胃養丸の特徴

胃養丸は古くからわが国で重要な胃腸薬原料とされてきたセンブリ,ニンジン,オウバクエキスの和漢薬と,日本産月の輪熊の胆のう(熊の胆)の有効成分であるウルソデオキシコール酸を主成分とした胃腸薬で,四種類の成分がお互いにその特性を生かして増強し合い,胃腸に優れた効果を発揮するよう創製された胃腸薬です。
胃腸の働きを盛んにし,弱っている胃腸の消化や吸収の働きを回復させ,胃から小腸への送り込み作用を良好にするとともに,脂肪,蛋白質,デンプン質の消化をよくし,胃腸の負担を少なくします。
さらに,腸内物質の腐敗の防止,胃腸を弱めている原因の毒素を解毒し,血流を盛んにし胃腸の働きを高める作用などが協力し合い,優れた効果を発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 錠剤 
製造会社 池田薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 「モリ」ケンイセイチョウ薬   あい気散   アルファ大草胃腸錠   アルファ大草胃腸薬(分包)   イーガードグリーン  



胃養丸の効能・効果

食欲不振,胃部・腹部膨満感,消化促進,消化不良,胃弱,食べ過ぎ,飲み過ぎ,胸やけ,もたれ,胸つかえ,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐

胃養丸の用法・用量

1日3回,次の1回量を食後服用する。
[年令:1回量]
15才以上:10粒
11才以上〜15才未満:6粒
8才以上〜11才未満:5粒
5才以上〜8才未満:3粒
3才以上〜5才未満:2粒
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)3才以上の幼児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることがないよう,よく注意してください。
(4)3才未満児には服用させないでください。

胃養丸の成分・分量

30丸中
センブリ 50mg
オウバクエキス 60mg
ニンジン 100mg
ウルソデオキシコール酸 50mg
(添加物)
寒梅粉,薬用炭,炭酸カルシウム,バレイショデンプン,エチルパラベン,ブチルパラベン

「胃養丸」を含むQ&A

もっと見る

胃養丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.2週間位服用しても症状がよくならない場合は,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

胃養丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)
(4)外袋に表示してある配置期限内に服用してください。