薬工胃腸薬の効能・用量・副作用など

薬工胃腸薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 大同製薬
販売会社 第一薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

薬工胃腸薬の特徴

薬工胃腸薬は多くの健胃生薬と制酸剤から成り立っています。ウイキョウ,ケイヒ,ニクズクは芳香性健胃薬,ショウキョウは芳香性辛味健胃薬,ゲンチアナ,エンメイソウは辛味健胃薬,ダイオウは消炎性健胃薬,カンゾウは緩和鎮痙,粘膜修復作用などがあって胃腸の病気の治療に効果があります。これらの生薬類が協調して胃の機能の乱れをおだやかに整えてくれるのです。また,制酸剤(重質炭酸マグネシウム,炭酸水素ナトリウム,沈降炭酸カルシウム)は過剰に分泌された胃酸を速やかに中和し,痛みや胸やけなどをやわらげるはたらきがあります。このように薬工胃腸薬はいろいろな作用をもつ生薬類と制酸剤を組み合わせることによって,日頃よくあらわれる胃腸症状により良い効果を表すように作られた親しみやすい胃腸薬となっています。

薬工胃腸薬の効能効果

胃酸過多,胸やけ,胃部不快感,胃部・腹部膨満感,もたれ,胸つかえ,げっぷ,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐,飲み過ぎ,胃痛,胃重,食欲不振,消化不良,胃弱,食べ過ぎ

薬工胃腸薬の用法用量

次の量を,食後なるべく30分以内に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1g:3回
11歳以上15歳未満:2/3量:3回
8歳以上11歳未満:1/2量:3回
5歳以上8歳未満:1/3量:3回
5歳未満:服用させないでください
(添付のさじ1杯は約1gです)
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

薬工胃腸薬の成分分量

3g中
エンメイソウ末 30mg
ゲンチアナ末 50mg
ダイオウ末 60mg
カンゾウ 150mg
重質炭酸マグネシウム 600mg
沈降炭酸カルシウム 300mg
ケイヒ 100mg
ショウキョウ末 50mg
ニクズク 100mg
ウイキョウ 50mg
炭酸水素ナトリウム 1500mg
(添加物)
l-メントール

薬工胃腸薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人
(2)次の診断を受けた人
腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
便秘,下痢
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

薬工胃腸薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)期限を過ぎた製品は服用しないでください。

薬工胃腸薬が気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

ジンゲロール

日本の食卓に欠かせない食材「しょうが」。冷え取り効果が有名ですが、からだにうれしい働きはそれだけではありません。しょうがには辛味成分が約250種類、揮発(香り)成分が約50種類も含まれています。さまざまな優れた薬効があるため、漢方薬の約7... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

主婦検診受けてますか? 婦人科健診や40歳以上はメタボ検診も

生活習慣病が現れ始める年齢になったら、毎年定期的に健診を受けて自分の健康状態を把握しておくことは、現代人のいわば常識といってもよいでしょう。会社員や公務員の場合は職場で定期健診という機会があるので毎年チェックしやすいですが、家庭にいる主婦... 続きを読む