養成煎の効能・用量・副作用など

養成煎の基本情報

養成煎

養成煎

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 その他
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

養成煎の特徴

「養成煎」は食欲減退,胃部・腹部膨満感,消化不良,胃弱,胸やけ,胸つかえ,はきけ(むかつき,胃のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐の改善,整腸(便通を整える)に19種類の生薬を配合して創りました弊社独自の製剤です。

養成煎の効能効果

食欲減退,胃部・腹部膨満感,消化不良,胃弱,胸やけ,胸つかえ,はきけ(むかつき,胃のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐,整腸(便通を整える)

養成煎の用法用量

本品1包を煎じる容器(鉄製のものは使用しない)に入れ,水550mL(約3合)を加えて火に掛け,沸騰したら弱火にし,ふきこぼれないように気をつけながら約半量となるまで煎じ,成人1日量とし食間に服用します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1日分の1/3量:3回
11歳以上15歳未満:成人の2/3量:3回
8歳以上11歳未満:成人の1/2量:3回
5歳以上8歳未満:成人の1/3量:3回
3歳以上5歳未満:成人の1/4量:3回
3歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
(1)服用に際しては,人肌程度に温めて服用すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

養成煎の成分分量

1包(25.1g)中
キジツ 2.0g
コウボク 2.0g
サンザシ 2.0g
シソシ 2.0g
エンゴサク 1.5g
ソウジュツ 1.5g
チンピ 1.0g
ニンジン 1.0g
カンゾウ 0.9g
ハッカ 0.9g
カンキョウ 0.9g
ケイヒ 0.4g
オウレン 0.3g
シュクシャ 0.3g
モッコウ 0.3g
ヤクチ 0.3g
ウバイ 2.3g
ウヤク 0.5g
アカメガシワ 5.0g
(添加物)
添加物は含有していません。

養成煎の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

養成煎の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)煎じた薬液は,冷蔵庫に保管してなるべく早めに服用してください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

養成煎が気になる人向けのコラム

あなたも北川景子顔に! 歯科医が教える【整顔テク】

冬になると、風邪や花粉症予防にマスクをしている女性が急増します。そんな女性がカフェでマスクをはずした顔を見ると!!!
「意外と年齢いってそう!」「美人だと思っていたのに……」なんて思ったことはないでしょうか?
物まねメイクで有名なざわち... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

下痢や便秘をくり返す過敏性腸症候群-原因はストレス、対策法は?

通勤途中で急な便意をもよおし、途中下車してトイレに駆け込む。外出先で腹痛に見舞われ、下痢をした。病院で検査を受けて腸に異常は見つからなかったものの、また起こるかもしれないと不安に駆られる――。
こんな症状をくり返すのが、「過敏性腸症候群... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-胸と腰の疲れに効くゆるゆる体操

前回に引き続き、「ゆる体操」によるリラックスの方法を紹介します。今回は、「胸フワ背フワ体操」と、「下腹フワ腰フワ体操」を紹介します。
うっとうしい梅雨時は、気持ちが滅入りがちですね。このような状態のとき、私たちの呼吸はいつもより浅くな... 続きを読む

腸内環境がからだの健康のを左右する-善玉菌を増やす方法とは

人の腸の中には、いわゆる善玉菌や悪玉菌など1000種類以上の細菌がすんでいて、それぞれの菌が自分の仲間を増やそうと勢力争いをしています。
ビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌は、腸内を酸性にして悪玉菌や病原菌の活動を抑え、腸内の腐敗を防ぐこ... 続きを読む