緑ピタロンSの効能・用量・副作用など

緑ピタロンSの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤 
製造会社 明治製薬
販売会社
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 --
同じ分類の薬 「モリ」ケンイセイチョウ薬   あい気散   アルファ大草胃腸錠   アルファ大草胃腸薬(分包)   イーガードグリーン  



緑ピタロンSの効能・効果

胃酸過多,胸やけ,胃部不快感,胃もたれ,胃重,胸つかえ,げっぷ,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐,飲み過ぎ,胃痛,食欲不振,胃部・腹部膨満感,消化不良,胃弱,食べ過ぎ,消化促進

緑ピタロンSの用法・用量

1回15才以上1包,14才〜11才2/3包,10才〜8才1/2包,1日3回食後
8才未満は服用しない
(用法関連注意)

緑ピタロンSの成分・分量

3包中
炭酸水素ナトリウム 675mg
ノイシリン(メタケイ酸アルミン酸マグネシウム) 900mg
タカヂアスターゼT 300mg
ニクズク末 180mg
銅クロロフェリンナトリウム 45mg
沈降炭酸カルシウム 450mg
ゲンチアナ末 60mg
ケイヒ末 240mg
ロートエキス 30mg
(添加物)
カンゾウ末,l-メントール,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),カルメロースナトリウム(CMC-Na),ヒドロキシプロピルセルロース,無水ケイ酸,乳糖

緑ピタロンSの使用上の注意と副作用

緑ピタロンSの保管上の注意