赤玉胃腸丸の効能・用量・副作用など

赤玉胃腸丸の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 胃腸鎮痛鎮けい薬
形状 錠剤 
製造会社 三星製薬
販売会社 西川栄寿堂
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 イノキュアS   エスナールMカプセル   カイヨン・N   クミアイけんぷく錠「エス」   コランチルA顆粒  



赤玉胃腸丸の効能・効果

胃痛,腹痛,さしこみ(疝痛,癪),胃酸過多,胸やけ

赤玉胃腸丸の用法・用量

15才以上:1回:30粒(1包)
11才以上15才未満:1回:20粒(2/3包)
8才以上11才未満:1回:15粒(1/2包)
5才以上8才未満:1回:10粒(1/3包)
3才以上5才未満:1回:7粒(約1/4包)
1日3回毎食後水又は白湯にて服用する。服用間隔は4時間以上おくこと。
(用法関連注意)
1.定められた用法・用量を厳守して下さい。
2.小児に服用させる場合には保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
3.3歳以上の幼児に服用させる場合には薬剤がのどにつかえることのないようよく注意して下さい。
4.服用間隔は4時間以上あけて下さい。

赤玉胃腸丸の成分・分量

3包(90丸)中
オウレン末 0.3g
センブリ末 0.05g
オウバク末 1.7g
ロートエキス 0.06g
ゲンチアナ末 0.5g
(添加物)
サリチル酸,寒梅粉,酸化チタン,タルク,ヒドロキシプロピルセルロース,白色セラック,赤色102号,黄色5号

「赤玉胃腸丸」を含むQ&A

もっと見る

赤玉胃腸丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり副作用事故が起こりやすくなります。)
1.3才未満の乳幼児には服用させないで下さい。
2.本剤を服用している間は,他の胃腸鎮痛鎮痙薬,ロートエキスを含有する他の胃腸薬,乗物酔い薬とは同時に服用しないで下さい。
3.服用後,乗り物又は機械類の運転操作をしないで下さい。(目のかすみ,異常なまぶしさなどの症状があらわれることがあります。)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい。(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがあります。)
■相談すること
1.次の人は,服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)排尿困難な人。
(6)心臓病,緑内障の診断を受けた人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
精神神経系:頭痛
泌尿器:排尿困難
その他:顔のほてり,異常なまぶしさ
3.服用後,口のかわき,便秘,目のかすみがあらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
4.5〜6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
その他の注意
■その他の注意
1.母乳が出にくくなることがあります。

赤玉胃腸丸の保管上の注意

(1)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(2)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れかえないで下さい。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)
(4)期限を過ぎたものは服用しないで下さい。