アクロミンカプセルAの効能・用量・副作用など

アクロミンカプセルAの特徴

下痢・食あたり・はき下し・水あたり…。
これらは日常しばしば起こる病気です。その原因は,食べ過ぎ,冷え,消化不良や食あたりなどの細菌性のものまでさまざまあります。
アクロミンカプセルAは各成分の働きにより,下痢や食あたりなど,不快な症状をすみやかに改善します。

アクロミンカプセルA

アクロミンカプセルA

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 止瀉薬
形状 カプセル 
製造会社 小林薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「赤玉」胃腸丸   アイゲン   イストサン下痢止めLP   イストロン 下痢止め   イヅミ正露丸  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



アクロミンカプセルAの効能・効果

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便,腹痛を伴う下痢

アクロミンカプセルAの用法・用量

次の量を,水又はぬるま湯で服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15才以上):2カプセル:1日3回を限度として服用してください。服用間隔は4時間以上おいてください。
8才〜14才:1カプセル:1日3回を限度として服用してください。服用間隔は4時間以上おいてください。
8才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

アクロミンカプセルAの成分・分量

2カプセル中
アクリノール水和物 30mg
ベルベリン塩化物水和物 70mg
次硝酸ビスマス 200mg
ロートエキス 20mg
エンゴサク末 70mg
カンゾウ末 80mg
(添加物)
乳糖水和物,セルロース,ステアリン酸マグネシウム,ヒドロキシプロピルセルロース,ゼラチン,ラウリル硫酸ナトリウム,青色1号,黄色5号

アクロミンカプセルAの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
胃腸鎮痛鎮痙薬,ロートエキスを含有する他の胃腸薬,乗物酔い薬
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと
(目のかすみ,異常なまぶしさ等の症状があらわれることがある。)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがある。)
4.服用前後は飲酒しないこと
5.1週間以上継続して服用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人。
(本剤で無理に下痢をとめるとかえって病気を悪化させることがある。)
(4)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(5)小児。
(6)高齢者。
(7)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
心臓病,胃・十二指腸潰瘍,緑内障
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
精神神経系:頭痛
泌尿器:排尿困難
その他:顔のほてり,異常なまぶしさ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
口のかわき,目のかすみ
4.5〜6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
その他の注意
■その他の注意
母乳が出にくくなることがある。

アクロミンカプセルAの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。