シグナル下痢止めの効能・用量・副作用など

シグナル下痢止めの基本情報

シグナル下痢止め

シグナル下痢止め

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 止瀉薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 エスエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

シグナル下痢止めの特徴

シグナル下痢止めは,腸の運動と,腸内の水分量を調節する作用をもつ塩酸ロペラミドの製剤で,
1.活発になりすぎた腸の運動をしずめ,正常化します。
2.腸での水分分泌を抑制するとともに,水分吸収をうながし,腸内の水分量のバランスを整えます。
シグナル下痢止めは,これら2つの作用により,すぐれた下痢止め効果を発揮します。

シグナル下痢止めの効能効果

食べ過ぎ・飲み過ぎによる下痢,寝冷えによる下痢

シグナル下痢止めの用法用量

次の1回量を1日2回服用します。下痢が止まれば服用しないでください。また,服用間隔は4時間以上おいてください。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):2カプセル
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)カプセルの取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

シグナル下痢止めの成分分量

2カプセル(1回量)中
塩酸ロペラミド 0.5mg
(添加物)
ゼラチン,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,トウモロコシデンプン,ラウリル硫酸ナトリウム

シグナル下痢止めの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください
本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
胃腸鎮痛鎮痙薬
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります。)
4.服用時は飲酒しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人。(本剤で無理に下痢を止めるとかえって病気を悪化させることがあります。)
(4)便秘を避けなければならない肛門疾患等のある人。(本剤の服用により便秘が発現することがあります。)
(5)妊婦又は妊娠していると思われる人
(6)授乳中の人
(7)高齢者。
(8)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(9)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(10)食あたりあるいは水あたりによる下痢の人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:便秘,腹部膨満感,腹部不快感,悪心,腹痛,嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死症(ライエル症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれる。
イレウス様症状(腸閉塞様症状):激しい腹痛,ガス排出(おなら)の停止,嘔吐,腹部膨満感を伴う著しい便秘があらわれる。
(2)2日間服用しても症状がよくならない場合。

シグナル下痢止めの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限をすぎたものは服用しないでください。

シグナル下痢止めに効果効能が似た薬

シグナル下痢止めが気になる人向けのコラム

子どもがかかりやすい夏風邪の予防と対処法-腹痛や下痢に注意

「かぜ」というと冬にかかるものというイメージがありませんか?
冬のあいさつ代わりの「かぜをひかないよう気をつけて」も、暖かくなるとほとんど使いませんね。
実際には、かぜは1年を通してみられます。夏にかぜをひくことも珍しくなく、冬にひくか... 続きを読む

スポーツ時の熱中症に注意! こまめに水分をとって熱中症対策

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。
特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみ... 続きを読む

胃潰瘍の原因がピロリ菌-胃潰瘍を予防・改善する5つの生活習慣

日本人の胃潰瘍(かいよう)の最大の原因は、ピロリ菌感染です。ピロリ菌に感染すると、それだけで胃の粘膜が赤く充血してきます(表層性胃炎)。この状態が長く続くと、胃の粘膜が萎縮し(萎縮性胃炎)、喫煙や過度なストレス、強いアルコール・大量飲酒、... 続きを読む

生理周期によって変わる女性の体調-イライラや痛みを乗り切ろう

女性の体調や気分は生理周期に応じて波があり、女性ホルモンによって左右されています。 女性ホルモンには男性獲得のために女性らしさをアピールする卵胞ホルモン(エストロゲン)と、妊娠を助ける黄体ホルモン(プロゲステロン)があり、卵胞ホルモンが... 続きを読む

便秘を解消してくれる「腸マッサージ」のやり方-便秘しないコツ

皆さんは毎朝おなかスッキリしていますか?
女性を中心に、便秘で悩む人は少なくありません。便秘はおなかがはって苦しかったり痛いだけでなく、さまざまな不快な症状や病気を引き起こします。
便秘によって腸に悪玉菌が増えるとガスが発生しやすくな... 続きを読む