フボシ赤玉はら薬の効能・用量・副作用など

フボシ赤玉はら薬の特徴

殺菌作用と収斂作用があるタンニン酸ベルベリンにゲンノショウコのエキスを配合した下痢にきく、飲みやすい小粒の薬です

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 止瀉薬
形状 錠剤 
製造会社 テイカ製薬
販売会社
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「赤玉」胃腸丸   アイゲン   アクロミンカプセルA   イストサン下痢止めLP   イストロン 下痢止め  



フボシ赤玉はら薬の効能・効果

下痢、消化不良による下痢、食あたり、はき下し、水あたり、くだり腹、軟便

フボシ赤玉はら薬の用法・用量

次の1回量を1日2回服用してください
服用間隔は4時間以上おいてください
[年齢:1回服用量]
15才以上(大人):20粒
11才以上15才未満:15粒
8才以上11才未満:10粒
5才以上8才未満:7粒
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)本剤は定められた用法用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

フボシ赤玉はら薬の成分・分量

40粒(大人1日量)中
タンニン酸ベルベリン 150mg
ゲンノショウコエキス 170mg (原生薬680mg相当)
(添加物)
パラベン、タルク、炭酸Ca、アルファー化デンプン、バレイショデンプン、カルメロースCa、セルロース、リン酸水素Ca、アラビアゴム、寒梅粉、酸化チタン、精製セラック、黄色5号、赤色3号

フボシ赤玉はら薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)高齢者。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
皮膚:発疹
3.5〜6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

フボシ赤玉はら薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります)。
(4)1包を分割した残りを使用する時は、袋の口を折り返して保管し2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください。