ベリセチンSカプセルの効能・用量・副作用など

ベリセチンSカプセルの基本情報

ベリセチンSカプセル

ベリセチンSカプセル

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 止瀉薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 日本薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ベリセチンSカプセルの特徴

抗生物質などの抗菌剤の汎用により,耐性菌が多くなったり,又生活環境の複雑化,暴飲暴食,スナック菓子の食べ過ぎなど,胃腸の酷使により下痢の原因も複雑化しています。
★ベリセチンSカプセルの特徴
ベリセチンSカプセルは,胃腸内の粘膜を保護し,かつ優れた抗菌作用で腸内の細菌に効果を発揮します。又血清や蛋白の存在下でも作用が持続する殺菌成分を配合しているため,食あたりやくだり腹に効果があります。
ベリセチンSカプセルは,赤・黄色の不透明の硬カプセルに,黄色の散剤を充填したカプセル剤です。

ベリセチンSカプセルの効能効果

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便

ベリセチンSカプセルの用法用量

次の量を1日3回水又はぬるま湯で服用して下さい。服用間隔は4時間以上おいて下さい。
[年齢:1回量]
成人(15歳以上):1カプセル
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)15歳未満の児童には服用させないで下さい。
(3)カプセルの取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り取り出して下さい。
(誤ってそのまま飲んだりすると,食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

ベリセチンSカプセルの成分分量

3カプセル中
アクリノール 90mg
塩化ベルベリン 180mg
シャクヤク乾燥エキス 105mg (芍薬840mg)
カンゾウ乾燥エキス 105mg (甘草840mg)
(添加物)
ケイ酸アルミニウム,ヒドロキシプロピルスターチ,無水ケイ酸,セルロース,又カプセルにゼラチン,赤色3号,黄色4号(タートラジン),青色1号,酸化チタン,ラウリル硫酸ナトリウム,亜硫酸水素ナトリウム

ベリセチンSカプセルの使用上の注意と副作用

してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないで下さい。
透析療法を受けている人
2.長期連用しないで下さい。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人
(3)高齢者
(4)次の診断を受けた人 腎臓病
2.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ベリセチンSカプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)

ベリセチンSカプセルに効果効能が似た薬

ベリセチンSカプセルが気になる人向けのコラム

腹八分目で抑える、腹八ダイエット

腹八
食事を摂るときに、腹八分目にすると、健康にも、経済的にもいいというのは、昔から言われていることです。しかし、実際にどれだけの効果があるのか、はっきり知っている人はいるのでしょうか?実は結構大きな効果があるんです。
腹八分目にする... 続きを読む

たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも? 脂っこい食生活が原因

食べすぎ、飲みすぎで胸やけすることはよくあることでしょう。胸やけはみぞおちから胸、または背中にかけて感じる熱く焼けるような不快感のこと。胃酸が胃から食道に逆流することで起こります。単に二日酔いや食べすぎで起こることも多く、一時的なものなら... 続きを読む

おなかが空くとグーッと鳴るのはなぜ? 腹鳴のメカニズムと抑える方法

おなかが空いているとき、よくググーッと鳴ることがあります。腹鳴(ふくめい)といい、人前で出てしまうとちょっと恥ずかしい。自分の意思では抑えにくい腹鳴は、どうして起こるのでしょうか。
空腹で腹鳴が出るときは、胃から十二指腸、小腸にかけて... 続きを読む

若い女性に急増する摂食障害は心の病気-過食と嘔吐を繰り返す理由

摂食障害は先進国に多くみられ、日本でも若い女性に急増して大きな問題となっています。主に思春期から20代の女性にみられますが、最近は男性にも増えています。
摂食障害には主に拒食症(神経性食欲不振症)と過食症(神経性大食症)とがあります。拒... 続きを読む

貧血のカギはヘモグロビン-鉄欠乏性貧血は女性の病気の疑いあり

貧血とは血液中の赤血球やヘモグロビンが減少した状態をいい、血液検査で調べることができます。健康診断における貧血検査の項目は、労働安全衛生規則に基づく一般健診ではヘモグロビン(血色素:Hb)と赤血球数の2つです。通常人間ドックでは、この2つ... 続きを読む