鯉膽丸の効能・用量・副作用など

鯉膽丸の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 止瀉薬
形状 錠剤 
製造会社 きぬや薬舗
販売会社
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「赤玉」胃腸丸   アイゲン   アクロミンカプセルA   イストサン下痢止めLP   イストロン 下痢止め  



鯉膽丸の効能・効果

下痢,消化不良による下痢,腹痛を伴う下痢,軟便,くだり腹,食あたり,水あたり,はき下し

鯉膽丸の用法・用量

1回15才以上1包,14~11才2/3,10~7才1/2,6~3才1/3,2~1才1/4,1日3回食後なるべく30分以内
1才未満は服用しない
(用法関連注意)

鯉膽丸の成分・分量

3包(3.6g)中
センブリ末 120mg
オウレン末 150mg
オウバク末 600mg
ケイヒ末 600mg
ゲンチアナ末 300mg
ゲンノショウコ末 900mg
ロートエキス 30mg
動物胆 30mg
(添加物)
デヒドロ酢酸ナトリウム,タール色素(赤色3号),バレイショデンプン,合成ケイ酸アルミニウム,無水ケイ酸,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ヒドロキシプロピルセルロース,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)

鯉膽丸の使用上の注意と副作用

鯉膽丸の保管上の注意