赤玉はら薬の効能・用量・副作用など

赤玉はら薬の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 止瀉薬
形状 錠剤 
製造会社 日本製薬
販売会社 大昭製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「赤玉」胃腸丸   アイゲン   アクロミンカプセルA   イストサン下痢止めLP   イストロン 下痢止め  



赤玉はら薬の効能・効果

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便,腹痛を伴う下痢

赤玉はら薬の用法・用量

1回15才以上15丸,14〜11才10丸,10〜8才8丸,7〜5才5丸,4〜3才4丸,1日1〜3回
服用間隔4時間以上
3才未満は服用しない
(用法関連注意)

赤玉はら薬の成分・分量

45丸中
オウバク末 0.6g
センブリ末 0.09g
ゲンチアナ末 0.3g
ショウキョウ末 0.33g
ゲンノショウコ末 0.6g
ロートエキス 0.045g
ボレイ末 0.6g
エンメイソウ末 0.5g
(添加物)
アルファー化デンプン,バレイショデンプン,タルク,安息香酸ナトリウム,酸化チタン,赤色3号,黄色4号(タートラジン)

「赤玉はら薬」を含むQ&A

もっと見る

赤玉はら薬の使用上の注意と副作用

赤玉はら薬の保管上の注意