赤玉小粒はら薬の効能・用量・副作用など

赤玉小粒はら薬の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 止瀉薬
形状 錠剤 
製造会社 第一薬品工業
販売会社 常盤薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「赤玉」胃腸丸   アイゲン   アクロミンカプセルA   イストサン下痢止めLP   イストロン 下痢止め  



赤玉小粒はら薬の効能・効果

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便

赤玉小粒はら薬の用法・用量

次の量を,1日3回,食後服用してください。ただし,服用間隔は4時間以上おいてください。
(1包:30丸)
[年齢:1回量]
成人(15才以上):30丸
11才以上15才未満:20丸
8才以上11才未満:15丸
5才以上8才未満:10丸
3才以上5才未満:7丸
3才未満:服用させないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)3才以上の幼児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意してください。

赤玉小粒はら薬の成分・分量

3包(90丸)中
オウバク末 480mg
ゲンノショウコ末 900mg
ヨウバイヒ末 450mg
エンメイソウ末 450mg
オウレン末 30mg
ゲンチアナ末 100mg
ショウキョウ末 75mg
ダイオウ末 25mg
(添加物)
米粉,寒梅粉,カルボキシメチルスターチナトリウム,炭酸カルシウム,マクロゴール,サリチル酸,タルク,アラビアゴム,酸化チタン,ポビドン,三二酸化鉄,赤色102号,黄色5号

「赤玉小粒はら薬」を含むQ&A

もっと見る

赤玉小粒はら薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人。(本剤で無理に下痢をとめるとかえって病気を悪化させることがあります。)
(3)高齢者。
2.5〜6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

赤玉小粒はら薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)表示の期限を過ぎたものは服用しないでください。