天恵正露丸の効能・用量・副作用など

天恵正露丸の特徴

正露丸は,下痢止めとして古くから知られており,クレオソートを主剤に健胃作用のあるオウバク末をはじめ,和漢生薬を配合し,下痢,食あたり等の諸症状にすぐれた効果をあらわします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 止瀉薬
形状 錠剤 
製造会社 天恵堂製薬
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「赤玉」胃腸丸   アイゲン   アクロミンカプセルA   イストサン下痢止めLP   イストロン 下痢止め  



天恵正露丸の効能・効果

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便

天恵正露丸の用法・用量

次の量を,食後に水又はお湯と一緒に服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上:3粒:3回
11才以上15才未満:2粒:3回
8才以上11才未満:1粒半:3回
5才以上8才未満:1粒:3回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守って下さい。
(2)小児に服用させる場合は,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

天恵正露丸の成分・分量

9丸中
ケイヒ末 50mg
カンゾウ末 150mg
クジン末 150mg
オウバク末 300mg
クレオソート 300mg
チンピ末 200mg
(添加物)
グリセリン,寒梅粉

天恵正露丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)急性の激しい下痢,発熱を伴う下痢,血便,粘液便又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人
(3)高齢者
(4)薬によるアレルギー症状を起したことがある人
2.次の場合は直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
(2)5~6日間服用しても症状がよくならない場合

天恵正露丸の保管上の注意

(1)直射日光の当らない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)他の容器にいれかえないで下さい。(誤用の原因になったり,品質が変わる場合があります。)