3Aマグネシアの効能・用量・副作用など

3Aマグネシアの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 錠剤
製造販売会社 佐藤薬品工業
販売会社 フジックス
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

3Aマグネシアの特徴

便秘は肌あれ,にきび,吹出物などの原因になるばかりでなく,頭重,腹部膨満,食欲不振,腸内異常醗酵などの不快な全身的症状にまで発展します。
よく効くマグネシウムの便秘薬3Aマグネシアで,快適な毎日をお過ごしください。

3Aマグネシアの効能効果

○便秘
○便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振,腹部膨満,腸内異常醗酵,痔

3Aマグネシアの用法用量

次の量を就寝前にコップ1杯の水で服用してください。
ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3?6錠:1回
11歳?14歳:2?4錠:1回
7歳?10歳:2?3錠:1回
5歳?6歳:1?2錠:1回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

3Aマグネシアの成分分量

6錠中
酸化マグネシウム 2000mg
(添加物)
セルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ステアリン酸カルシウム,l-メントール

3Aマグネシアの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
(5)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
精神神経系:強い眠気,意識がうすれる
循環器:立ちくらみ,脈が遅くなる
呼吸器:息苦しい
その他:筋力の低下,口のかわき
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

3Aマグネシアの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

3Aマグネシアに効果効能が似た薬

3Aマグネシアが気になる人向けのコラム

便秘しない腸内環境をつくる方法-気をつけたい9つのこと

日本人の“腸内環境”が悪くなっているようです。それは、おなかの張りや痛み、便秘などの症状でクリニックを訪れる人が増えていることに如実にあらわれています。
腸内環境の悪化がもたらす症状はおなかの張りや痛み、便秘にとどまりません。便やガス... 続きを読む

足がつる3つの原因とは-足がつったときの対処法

夜中に突然足がつって目が覚めるといった経験はありませんか?
足がつる原因として考えられるのが、「筋肉疲労」「冷え」「マグネシウム不足」です。 (その1)筋肉の疲労
足がつる原因として最も多いのが、筋肉疲労によるものです。運動などで、普... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

腸内環境改善で10kg減 ダイエットしても痩せないのは「デブ菌」が原因だった

私達の腸内には気が遠くなるほどの細菌が住んでいます。その数、なんと、約1000兆個近く!
そして、そのなかには、肥満と強く関係する菌(通称:デブ菌)が存在するらしいのです。 「運動してもなかなか痩せない、少し食べただけなのに太る…、と... 続きを読む

そのだるさ、「秋バテ」かもしれません!【カウンセリングルームから】

夏バテは、夏の暑さにバテてしまうことで有名ですが、秋は季節がガラッと変わり気温の変化や気候の変化で体調を崩しやすい時期でもあります。夏の暑さに疲れ、十分な休養をとれないまま秋に突入した方は、今もだるさや疲れなどが抜けにくい、眠りが浅いな... 続きを読む