いけだや通じ丸の効能・用量・副作用など

いけだや通じ丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 錠剤
製造販売会社 延寿堂
販売会社 池田屋安兵衛商店
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

いけだや通じ丸の特徴

いけだや通じ丸は,センナ末,ダイオウ末,アロエ末,ケンゴシ末の4生薬を配合した便秘薬で,生薬成分が弱った大腸の働きを高め,とどまっている内容物を排泄させ,便秘に伴う不快な症状をやわらげます。

いけだや通じ丸の効能効果

便秘。便秘に伴う症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満感,腸内異常醗酵,痔

いけだや通じ丸の用法用量

次の量を,なるべく空腹時に多目の水又は白湯と一緒に服用して下さい。
何れも1日2回を限度とし,服用間隔は4時間以上おいて下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):14?20粒:2回
11歳以上15歳未満:9?13粒:2回
7歳以上11歳未満:7?10粒:2回
7歳未満:服用しないでください
ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態を見ながら,少しずつ増量または減量して下さい。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導・監督のもとに服用させてください。
(2)用法・用量を厳守してください。

いけだや通じ丸の成分分量

40丸中
センナ末 500mg
ダイオウ末 300mg
アロエ末 300mg
ケンゴシ末 200mg
(添加物)
デヒドロ酢酸ナトリウム,沈降炭酸カルシウム,米粉,薬用炭,タルク,アラビアゴム末

いけだや通じ丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用がおこりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
■相談すること
1.次の人は,服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合は,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

いけだや通じ丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない(湿気の少ない)涼しいところに保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる恐れがある為)

いけだや通じ丸に効果効能が似た薬

いけだや通じ丸が気になる人向けのコラム

空腹でないのに何か食べたくなる ニセ食欲を撃退する3つのコツ

空腹でないのにお腹がすくニセ食欲は、“お疲れ脳”のせい?!空腹とは関係なくお腹がすいたり、口さびしいのは自律神経やホルモンバランスの乱れが影響。撃退法を紹介します。 食事の時間や量に関係なくお腹がすくのはなぜ? 旬の果物に脂ののった... 続きを読む

緑茶はちみつで腸を綺麗にして痩せる

緑茶ハチミツ
緑茶とはちみつはどちらもダイエット効果が知られていますが、緑茶ハチミツダイエットという言葉を聞いたことがあるという人は少ないかもしれません。緑茶の抗酸化成分が、腸の細胞につくサビをつきにくくしてくれ、腸の動きを活性化してく... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む

カテキン豊富の緑茶で空腹ダイエット!

緑茶
緑茶に含まれている成分「カテキン」は、肝臓や筋肉での脂質代謝を促してくれる効果を発揮してくれる成分です。シンプルに言うと、脂肪が燃焼しやすくなるもので、ダイエットには最適な美容成分が含まれているのです。それからカフェイン、これは体... 続きを読む

美しい姿勢や歩き方のコツ-ある意識を変えるだけで背筋が伸びる?

美しい姿勢とは無駄な力が入っておらず、必要な部分に必要なだけ、必要な時に筋肉が動いて緊張している状態のことをいいます。そのような美しい姿勢の作り方や正しい姿勢での歩き方のコツをまとめてご紹介します! 寝ている時も座っている時も重力と調... 続きを読む