コーラックハーブの効能・用量・副作用など

コーラックハーブの基本情報

コーラックハーブ

コーラックハーブ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 錠剤
製造販売会社 明治薬品
販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

コーラックハーブの特徴

◆コーラックハーブは,2つの生薬から抽出された有効成分(センノシド,甘草エキス末)が,自然に近いお通じをもたらす便秘薬です。
◆おやすみ前に服用すれば,翌朝(個人差はありますが,目安として9?12時間後)には効果があらわれます。

コーラックハーブの効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常発酵,痔

コーラックハーブの用法用量

次の量を就寝前(又は空腹時)に水又はぬるま湯で服用してください。ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら,少しずつ増量又は減量してください。
[年令:1回量:服用回数]
15才以上:1?2錠:1日1回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

コーラックハーブの成分分量

2錠中
センノシド 57.12mg (センノシドA・B 24mg)
カンゾウエキス末 80mg (甘草560mg)
(添加物)
セルロース,クロスCMC-Na,ステアリン酸マグネシウム,タルク

コーラックハーブの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
3.大量に服用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4. 1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

コーラックハーブの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

コーラックハーブが気になる人向けのコラム

ヤーコンを食べて腸内すっきりダイエット!

ヤーコン
ダイエットに欠かせない要素として腸内環境をととのえる事、が挙げられます。

腸内環境をととのえる事で便秘などを防いで代謝を良くし、代謝が上がる事で脂肪が燃焼しやすくなる身体を作る事が出来ます。

中南米に位置しているア... 続きを読む

超高齢社会の課題解決に期待されているICT活用ってなに?

今日のスマートフォンやタブレット型携帯端末の普及により、医療情報や医薬情報の取得はもちろん、個人の健康情報の蓄積、電子カルテの共有などを可能とするモバイルへルスケアに大きな期待が寄せられています。
そんな中、先般、「ITヘルスケア第7回... 続きを読む

緑茶はちみつで腸を綺麗にして痩せる

緑茶ハチミツ
緑茶とはちみつはどちらもダイエット効果が知られていますが、緑茶ハチミツダイエットという言葉を聞いたことがあるという人は少ないかもしれません。緑茶の抗酸化成分が、腸の細胞につくサビをつきにくくしてくれ、腸の動きを活性化してく... 続きを読む

粉ミルクで腸内環境改善ダイエット!

粉ミルク
赤ちゃんが飲む物である粉ミルクには、大人が飲んでも有効な栄養素がたくさん含まれている事で知られています。

粉ミルクには人間の腸内のビフィズス菌を増やして悪玉菌を抑制する作用があり、腸内環境を正常に近づけてくれる効果を期待... 続きを読む

社会で活躍する高齢者-超高齢社会で期待されるシニアのパワー

国連は、「高齢者(シニア)の自立、参加、ケア、自己実現、尊厳」の五原則を提唱し、すべての世代のための社会づくりを目指し、1999年を「国際高齢者年」と定めました。これをきっかけに、日本では内閣府と高齢社会NGO連携協議会の共催で「高齢社会... 続きを読む