スックル便秘薬の効能・用量・副作用など

スックル便秘薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 錠剤
製造販売会社 佐藤薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

スックル便秘薬の特徴

《スックル便秘薬の特長》
1.薬用植物を有効成分とした服用しやすい錠剤です。
2.服用量は年齢・症状に合わせて適切な量を調節することができます。
3.過度な下痢や腹痛を伴うことなく便通を促します。
4.携帯に便利なPTP包装で,旅行・出張に便利です。
5.便秘に伴う,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振の症状を改善します。
6.スックル便秘薬は,うすいだいだい色のフィルムコート錠です。
スックル便秘薬で,規則正しい排便のリズムが改善されるにつれて,服用間隔を次第に延ばしていくと,正常な排便習慣の回復に向かいます。

スックル便秘薬の効能効果

○便秘
○便秘に伴う症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常醗酵,痔

スックル便秘薬の用法用量

朝夕の空腹時(又は食前あるいは食間)に水又はぬるま湯で服用してください。
ただし初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。
[年齢:1回量(2?3日便通がないとき):1回量(4日以上便通がないとき):1日服用回数]
大人(15歳以上):2?3錠:3?4錠:2回
11歳以上15歳未満:2錠:2?3錠:2回
7歳以上11歳未満:1錠:2錠:2回
7歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

スックル便秘薬の成分分量

8錠中
ダイオウ末 800mg
アロエ末 150mg
センノシド 36mg
(添加物)
無水ケイ酸,部分アルファー化デンプン,乳糖,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ヒドロキシプロピルセルロース,セラック,ステアリン酸,酸化チタン,タルク,三二酸化鉄,黄色5号

スックル便秘薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
3.大量に服用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

スックル便秘薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)配置期限を過ぎた製品は服用しないでください。

スックル便秘薬が気になる人向けのコラム

睡眠とこころの関係-よく眠れないのは精神的な問題が原因かも?

日中何度も眠くなってしまう、夜なかなか眠れない、朝起きられずに大切な仕事や約束に遅刻してしまった・・・。睡眠にまつわる問題は、それ自体とても辛いことですね。睡眠不足で疲れているときには心もくたびれてしまいます。いらいらしてゆとりをなくし、人... 続きを読む

太りにくい体は自律神経から-痩せないのは交感神経が原因かも?

あの手この手でダイエットに取り組んでも、なかなかやせにくいという場合、その原因としては、交感神経の働きが低下していることが考えられます。
交感神経は、副交感神経とともに自律神経と呼ばれます。交感神経は体を活動モードにする昼間の神経、副... 続きを読む

乱れがちな生活のリズム-体内時計を整える5つのテクニック

私たちの体には、意識しなくてもきまった周期で体の働きを変動させる「生体リズム」が備わっています。たとえば夜暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める24時間周期の睡眠・覚醒のリズム、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期でくり返す睡眠のリズム... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

夜遅く食べるとなぜ太る?-原因はBMAL1(ビーマルワン)

「夜遅く食べると太る」ことは、だれでも知っているでしょう。ダイエットをする人にとって「夜遅く食べない」ことは鉄則ですよね。
でもどうしてなのでしょうか?食べてすぐに寝てしまうのでエネルギーが消費されず、脂肪としてため込まれるためという... 続きを読む