ヤマサンセンナの効能・用量・副作用など

ヤマサンセンナの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 その他
製造販売会社 小島漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ヤマサンセンナの効能効果

便秘,便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,痔

ヤマサンセンナの用法用量

大人(15才以上)は1日量1.5?3gを熱湯150mLを加え15分間煮た後,滓をこして取り去り,なるべく就寝前1回服用する。ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量する。
(用法関連注意)

ヤマサンセンナの成分分量

大人(15才以上)は1日量1.5?3gを熱湯150mLを加え15分間煮た後,滓をこして取り去り,なるべく就寝前1回服用する。ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量する。
センナ
(添加物)
なし

ヤマサンセンナの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
・本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下剤(下剤)
・授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
・大量に服用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)次の症状のある人 はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ヤマサンセンナの保管上の注意

・小児の手の届かない所に保管してください。
・直射日光を避け,湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
・本品は天産品ですので,吸湿してカビ・虫害等の発生する恐れがあります。保管には十分ご注意ください。
・誤用を避け,品質を保持するため他の容器に入れ替えないでください。
・本品には品質保持(カビ・虫害防止)のため季節により脱酸素剤を入れる事があります。開封後は高温多湿を避け,なるべくお早めにご使用ください。
・脱酸素剤はお召し上がりなきようお願い致します。

ヤマサンセンナが気になる人向けのコラム

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

冬に多いノロウイルスの症状と治療法|役に立つ予防対策

食中毒というと梅雨や夏をイメージしますが、これは細菌によるもの。冬場は、低温や乾燥した場所でも生きることができるウイルスによる食中毒が多く発生します。その感染ルートと予防法を学びましょう。 冬の食中毒の代表
ノロウイルス ウイルス性の... 続きを読む

自閉症(広汎性発達障害)とはどんな病気? 症状がでるのは何歳から?

発達障害のひとつ、自閉症。コミュニケーションが苦手で、自分独自の強いこだわりがあるなどの特徴があげられます。何歳頃にわかるのか、どういった対応をすればよいのかなどについて解説します。 臨機応変に動くことが難しい 自閉症とは、広汎性発達... 続きを読む