ラーゼンAの効能・用量・副作用など

ラーゼンAの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 散剤
製造販売会社 渡辺薬品工業
販売会社 タキザワ漢方廠
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ラーゼンAの特徴

「ラーゼンA」は「ドイツ植物療法」を基礎とし,センナ実とセンナ葉より成る「調和のとれた生薬便秘治療剤」です。

ラーゼンAの効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常醗酵,痔

ラーゼンAの用法用量

次の量を1日2回を限度とし,なるべく空腹時に服用すること。
服用間隔は4時間以上おくこと。ただし,初回は最少量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ,増量又は減量すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
分包品:成人(15歳以上):1包(0.5g)?2包(1g):2回を限度
大入品:成人(15歳以上):添付の匙〔0.5g(すり切り)〕にて0.5g?1g:2回を限度
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法及び用量を厳守すること。

ラーゼンAの成分分量

4包(2g)中
センナ末 481.6mg
センナ実末 1444.8mg
(添加物)
カンゾウエキス,デヒドロ酢酸ナトリウム,アラビアゴム,バレイショデンプン

ラーゼンAの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
[守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる。]
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと。
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること。
3.大量に服用しないこと。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。はげしい腹痛,吐き気・嘔吐。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合には服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ラーゼンAの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ラーゼンAが気になる人向けのコラム

市販のかぜ薬の選び方と3つの注意点-症状や効果に合ってる?

かぜ薬は種類が多いわりには、うまく使い分けされていません。購入の際には、どれを選んだらよいかわからないままに、商品名や値段だけで選んでいる人が多いようです。自分のいまの状態にとって最も必要なことは何か、症状に対し期待したい効果は何か、これ... 続きを読む

アロエ植物ステロール

「アレキサンダー大王が病気予防のために栽培していた」、「クレオパトラが美貌を維持するために液汁を体に塗っていた」など、古代から健康や美容に役立てられてきたアロエ。
便秘改善、火傷や傷の治療、保湿などの作用があるとされ、長い間、民間療法的... 続きを読む

フラワーエッセンスとは? 花の波動が心身のリラックスを助ける

美しく咲いている花を見ると、みずみずしいエネルギーをあたりに発散しているように感じられますね。そのような、花の持つパワーに着目した療法がフラワーエッセンスです。イギリスの細菌学者で医師のエドワード・バッチ博士が考案しました。さまざまな花が... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

花粉症の完治する?「舌下減感作療法」は本当に効果があるのか?

花粉症の人には憂うつなシーズンになりました。気象情報会社の発表では、昨年夏の日照時間が全国的に少なかったことから、北海道以外のエリアでは今シーズンのスギ花粉の飛散量は昨シーズンの半分以下と予想しています。ただし、飛散開始の時期は早まり、東... 続きを読む