招ふくの効能・用量・副作用など

招ふくの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 瀉下薬(下剤)
形状 錠剤 
製造会社 太陽堂製薬
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 3Aアクアマグ   3Aマグネシア   DHC アロエ便秘薬   アクアナチュラル便秘薬   アストルベン錠  



招ふくの効能・効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常発酵,痔

招ふくの用法・用量

[年令:1回服用量]
15才以上:1回1包〜2包
11才〜14才:1回2/3包(20丸)〜4/3包(40丸)
7才〜10才:1回1/2包(15丸)〜1包(30丸)
3才〜6才:1回1/3包(10丸)〜2/3包(20丸)
3才未満は服用しないで下さい。
いずれも1日1回就寝前(又は空腹時)に服用して下さい。
ただし初回は最少量を用い便通の具合や状態を見ながら少しずつ増量又は減量すること。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)3才以上の幼児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意すること。

招ふくの成分・分量

2包(60丸)中
ダイオウ末 650mg
センナ末 600mg
アロエ末 75mg
ケンゴシ末 55mg
オウゴン末 200mg
センキュウ末 250mg
(添加物)
コメデンプン,ショ糖脂肪酸エステル,パラベン,バレイショデンプン,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,赤色2号,黄色4号,青色2号

「招ふく」を含むQ&A

もっと見る

招ふくの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる。)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと。
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること。
3.大量に服用しないこと。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。:はげしい腹痛,悪心・嘔吐
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,悪心・嘔吐
(2)1週間位服用しても症状がよくならない場合。
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談すること。
・・・・・下痢

招ふくの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かないところに保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(誤用の原因になったり品質が変わる。)