錠剤ミルマグLXの効能・用量・副作用など

錠剤ミルマグLXの基本情報

錠剤ミルマグLX

錠剤ミルマグLX

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 錠剤
製造販売会社 エムジーファーマ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

錠剤ミルマグLXの特徴

有効成分の水酸化マグネシウムが体内への水分吸収を抑え、便に水分を与えて軟らかくすることにより、自然なお通じを促すレモン味の便秘治療薬です。

錠剤ミルマグLXの効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常発酵,痔

錠剤ミルマグLXの用法用量

次の量を1日1回就寝前(又は空腹時)に服用すること。ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量すること
[年齢:1回量]
成人(15歳以上):2?6錠
11歳?14歳:1?4錠
7歳?10歳:1?3錠
5歳?6歳:1?2錠
5歳未満:服用しないこと
服用の際には,コップ1?2杯の水と共に服用し,なるべく水分を多く摂取するとより効果的です。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること
(3)本剤は5歳未満の乳幼児に服用させないこと

錠剤ミルマグLXの成分分量

1錠中
水酸化マグネシウム 0.35g
(添加物)
トウモロコシデンプン,白糖,タルク,香料

錠剤ミルマグLXの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,他の瀉下薬(下剤)を服用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)はげしい腹痛,吐き気・嘔吐のある人
(4)腎臓病の診断を受けた人
2.服用後,はげしい腹痛,吐き気・嘔吐があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この瓶を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
3.服用後,下痢があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この瓶を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この瓶を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

錠剤ミルマグLXの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)錠剤が軟らかいので割れることがある
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと
(6)瓶の中の詰め物は,輸送中の錠剤破損防止用である。開封後は不要となるので捨てること
(7)服用のつど瓶のフタをしっかりしめること

錠剤ミルマグLXが気になる人向けのコラム

ミランダ・カーやマギーが飲んでいる「レモン白湯」の効果は?【芸能人の健康まとめ】

海外モデルのミランダ・カーが以前、オフィシャルブログに美容のための習慣として、毎朝レモン白湯を飲んでいることを明かして、レモン白湯に注目が集まりました。 モデルのマギーさんもTV番組「王様のブランチ」でレモン白湯を起床後に飲むとお話されてい... 続きを読む

スポーツ時の熱中症に注意! こまめに水分をとって熱中症対策

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。
特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみ... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

腸内環境改善で10kg減 ダイエットしても痩せないのは「デブ菌」が原因だった

私達の腸内には気が遠くなるほどの細菌が住んでいます。その数、なんと、約1000兆個近く!
そして、そのなかには、肥満と強く関係する菌(通称:デブ菌)が存在するらしいのです。 「運動してもなかなか痩せない、少し食べただけなのに太る…、と... 続きを読む

お腹と腰を暖めると便秘が治る? 看護師さんも実践する温罨法とは

入院患者の便秘の緩和に、「温罨法(おんあんぽう)」という方法が看護の現場で効果を上げています。蒸しタオルで腰やおなかを温めるだけ、という簡単な方法ですから、家庭や職場でも使えそうです。
病院では、手術後の患者さんや介護の必要な人など、... 続きを読む