大峰薬草便秘薬の効能・用量・副作用など

大峰薬草便秘薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 錠剤
製造販売会社 大峰堂薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

大峰薬草便秘薬の特徴

毎日のお通じは健康のバロメーター。便秘が長引けば,体のリズムが崩れやすくなってきます。
大峰薬草便秘薬は,3種類の薬草(センナ,ダイオウ,オウバク)から作られた便秘薬で,便秘や,便秘に伴う症状にすぐれた効果があります。
便秘の度合いは人によって様々です。その人にあった服用量が必要になってきます。説明文書の用法及び用量の項目をよく読んで,ご自分の体にあった分量を服用してください。
《特徴》
●センナ,ダイオウが含有する下剤成分センノサイドA,Bは,大腸刺激性の緩下剤で,大腸を刺激して腸の運動を活発にし,便秘に効力を発揮します。
●オウバクの主成分ベルベリンは抗菌作用があり,便秘によって生じた腸内異常醗酵に効力を発揮します。

大峰薬草便秘薬の効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常醗酵,痔

大峰薬草便秘薬の用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:2?5錠:1回
11歳以上15歳未満:1?4錠:1回
7歳以上11歳未満:1?3錠:1回
7歳未満:服用しないこと
1日1回就寝前(又は空腹時)に服用してください。
ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

大峰薬草便秘薬の成分分量

5錠中
センナ末 600mg
ダイオウ末 200mg
オウバク末 100mg
(添加物)
デヒドロ酢酸ナトリウム,ステアリン酸マグネシウム,二酸化ケイ素,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),セルロース

大峰薬草便秘薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
3.大量に服用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

大峰薬草便秘薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)配置期限を過ぎた製品は服用しないでください。

大峰薬草便秘薬が気になる人向けのコラム

入院費用を抑えるには-差額ベッド料を請求されたら確認すること

病院に入院するというとき、健康保険の適用される大部屋以外に、より快適な環境が整っているいわゆる“差額ベッド”というものがあります。個室または少人数の病室で、これにはもちろん、保険外負担となる差額ベッド料を覚悟しなければなりません。この請求... 続きを読む

サラシア

一時期ダイエットに効く成分として話題を呼んだ「サラシア」。実はこれ、インドやスリランカに自生するニシキギ科のつる性植物で、学名を「サラシア・ レティキュラータ」といいます。特に効能が高いと評判のスリランカ産は、現地で「コタラヒムブツー」と... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

健診と人間ドックの違いは? 一般検診はがんの早期発見は難しい

健康に関心が高い人は、毎年何らかの健康診断を受けていると思います。それが人間ドックか一般健診か、個人で受けるか職場や自治体が行う健診を受けるかなどの違いはあっても、毎年受診されている人も多いでしょう。しかし、実際に自分で受けておられる健康... 続きを読む

睡眠とこころの関係-よく眠れないのは精神的な問題が原因かも?

日中何度も眠くなってしまう、夜なかなか眠れない、朝起きられずに大切な仕事や約束に遅刻してしまった・・・。睡眠にまつわる問題は、それ自体とても辛いことですね。睡眠不足で疲れているときには心もくたびれてしまいます。いらいらしてゆとりをなくし、人... 続きを読む