本草センナ顆粒-Tの効能・用量・副作用など

本草センナ顆粒-Tの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 散剤
製造販売会社 本草製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

本草センナ顆粒-Tの特徴

本草センナ顆粒‐Tは大腸に直接作用して,低下している腸のぜん動運動を高めます。

本草センナ顆粒-Tの効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常発酵,痔

本草センナ顆粒-Tの用法用量

次の量を1日1回就寝前又は空腹時に服用すること。
ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1/2?1包:1回
11歳以上15歳未満:1/3?2/3包:1回
7歳以上11歳未満:1/4?1/2包:1回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

本草センナ顆粒-Tの成分分量

1包(1500mg)中
センナ末 500mg
(添加物)
乳糖,バレイショデンプン,セルロース,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ステアリン酸マグネシウム

本草センナ顆粒-Tの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
3.大量に服用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

本草センナ顆粒-Tの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)。
(4)使用期限をすぎたものは服用しないこと。

本草センナ顆粒-Tに効果効能が似た薬

本草センナ顆粒-Tが気になる人向けのコラム

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

健康診断の心電図で何がわかるの? ジグザグの波形が示す心臓の状態

心電図は不整脈や心筋梗塞などの診断に役立ち、異常の場所の特定にも役立ちます。心筋細胞の収縮による電気を皮膚の上から記録。ただし全ての心臓の異常がわかるわけではないことにも注意。 心臓細胞が発する電気によって心拍のリズムや心筋の異常がわか... 続きを読む

腸内環境改善で10kg減 ダイエットしても痩せないのは「デブ菌」が原因だった

私達の腸内には気が遠くなるほどの細菌が住んでいます。その数、なんと、約1000兆個近く!
そして、そのなかには、肥満と強く関係する菌(通称:デブ菌)が存在するらしいのです。 「運動してもなかなか痩せない、少し食べただけなのに太る…、と... 続きを読む

臭いおならは腸内の悪玉菌が原因-腸内環境を整えるには?

「出もの腫れものところ嫌わず」とは昔からよくいわれてきましたが、お尻から思わずもれてしまったガス(おなら)が、無音だったにもかかわらずにおいが強烈で、周囲に無言のひんしゅくを呼び起こしてしまった、という経験はありませんか。
もしもにおい... 続きを読む

便やおならが臭い人は腸内フローラが原因? 腸美人になる食事法

腸内細菌が良好であることが健康には不可欠。 肥満や糖尿病、がんなどになりやすい体質にも腸内細菌が関連しています。便やおならが臭い人は腸内が腐敗している証拠かも。 ヒトの腸内には1000種類以上、100兆個以上の腸内細菌が 私たちの腸... 続きを読む