薬草便秘薬の効能・用量・副作用など

薬草便秘薬の基本情報

薬草便秘薬

薬草便秘薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 錠剤
製造販売会社 田村薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

薬草便秘薬の特徴

薬草便秘薬は,古来から便秘の薬として用いられているダイオウ,センナ,アロエにそれらの働きをうまく引き出す役目の甘草を加えて製した薬草だけのおくすりです。
・このおくすりは薬草でつくられておりますので作用に無理がありません。
・とかく便秘薬につきものの腹痛などを伴いません。
・就寝前の服用で,翌朝自然なお通じの効きめがあらわれます。
・PTP包装になっておりますので旅行などに便利です。

薬草便秘薬の効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常発酵,痔

薬草便秘薬の用法用量

[1日服用回数]
1回就寝前に服用すること。ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量すること。
[年齢:1回量]
15歳以上:3?5錠
11歳以上15歳未満:2?4錠
7歳以上11歳未満:1?3錠
5歳以上7歳未満:1?2錠
5歳未満:服用しないこと。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。
(3)錠剤の取り出し方。
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用すること(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながる)。

薬草便秘薬の成分分量

5錠中
アロエ末 150mg
ダイオウ末 180mg
センナ末 500mg
カンゾウ抽出物 50mg (甘草715mg)
(添加物)
ケイ酸アルミニウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,デヒドロ酢酸ナトリウム,ステアリン酸マグネシウム

薬草便秘薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
3.大量に服用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

薬草便秘薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。

薬草便秘薬が気になる人向けのコラム

サラシア

一時期ダイエットに効く成分として話題を呼んだ「サラシア」。実はこれ、インドやスリランカに自生するニシキギ科のつる性植物で、学名を「サラシア・ レティキュラータ」といいます。特に効能が高いと評判のスリランカ産は、現地で「コタラヒムブツー」と... 続きを読む

アロエでお腹すっきりダイエット!

アロエ
ダイエットに欠かせない要素の一つとして、腸内環境を改善するという要素があります。

便秘などで腸内環境が良くない状態だと新陳代謝力が落ち、脂肪が燃えにくい身体となってしまいます。

今回ご紹介するアロエを使った「アロエダ... 続きを読む

ファイトケミカルス

ファイトケミカルスの「ファイト(phyto)」はギリシャ語で植物、「ケミカルス(chemicals)」は英語で化学成分という意味。つまりファイトケミカルスとは、植物が作り出す天然の化学成分のこと。... 続きを読む

漆喰塗料

「天然の空気清浄機」といわれるほど調湿性に優れ、防火性も高いことから、日本で広く使われてきた“漆喰”。 「昔から漆喰は、日本家屋の土壁の上に塗る仕上げ材として使われていました。お城や土蔵、寺社などの白い壁が漆喰です。有名な高松塚古墳の... 続きを読む

ヤーコンを食べて腸内すっきりダイエット!

ヤーコン
ダイエットに欠かせない要素として腸内環境をととのえる事、が挙げられます。

腸内環境をととのえる事で便秘などを防いで代謝を良くし、代謝が上がる事で脂肪が燃焼しやすくなる身体を作る事が出来ます。

中南米に位置しているア... 続きを読む