和光堂マルツエキス・スティックの効能・用量・副作用など

和光堂マルツエキス・スティックの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 その他
製造販売会社 和光堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

和光堂マルツエキス・スティックの特徴

◎おだやかな効き目
麦芽糖のゆるやかな発酵作用が腸の蠕動(内容物を送り出す動き)を亢進し、おだやかな排便をうながします。
◎便利なスティックパック
環境が変わったりすると、便秘になることもありますが、旅行や外出時でも持ち運びが便利で使いやすいスティックパックです。

和光堂マルツエキス・スティックの効能効果

乳幼児の便秘

和光堂マルツエキス・スティックの用法用量

1歳未満の乳児には、授乳前に50?100mLの温湯かミルクに加え、服用させます。
また、1歳以上3歳未満の幼児には、そのままか50?100mLの温湯に加え、服用させます。
[年齢:1回量:服用回数]
1歳以上3歳未満:9g?15g(1包?1・2/3包):1日3回を限度とする
6カ月以上1歳未満:6g?9g(2/3包?1包):1日3回を限度とする
6カ月未満:3g?6g(1/3包?2/3包):1日3回を限度とする
(用法関連注意)
(1)用法・用量をよく守ってください。
(2)保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)ご使用に際しては、次のようにすると便利です。
・スティックの★部分を持ち、切り取り線にそって斜めに切り取り、しぼり出すように哺乳びんまたはカップに入れてください。
・例えば1/2包の場合は、半分のところを片方の手で押さえ、押さえたところよりしぼり出すようにしてください。残りは、開封口を折り返してクリップ等でとめて保管してください。

和光堂マルツエキス・スティックの成分分量

1包(9g)中
マルツエキス 1
(添加物)
なし

和光堂マルツエキス・スティックの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下剤)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている乳幼児
(2)1カ月未満の乳児(新生児)
(3)次の症状のある乳幼児
激しい腹痛,嘔吐
2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
3.1週間位服用しても症状がよくならない場合は、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.便通不足は,母乳不足又は調製粉乳希釈方法の誤りにより起こることがありますので、このような場合には医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

和光堂マルツエキス・スティックの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包の分割した残りを使用する場合には、開封口を折り返してクリップ等でとめ、湿気の少ない涼しい所に保管し、2日以内に服用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

和光堂マルツエキス・スティックに効果効能が似た薬

和光堂マルツエキス・スティックが気になる人向けのコラム

RSウイルス感染の徹底予防法 乳幼児や高齢者に感染させないためは?

乳幼児がかかりやすいRSウイルス。体力のない高齢者が施設内で集団感染したという報告も。普段の生活の中で移りやすいウイルスのため、家族も注意が必要です。 インフルエンザと重なる11〜1月がピーク RSウイルスは世界中に分布しているウイル... 続きを読む

乳幼児の夜泣きに効果抜群 乳酸菌サプリ! 夜泣きが1/4に減る?

原因不明だった赤ちゃんの「夜泣き」に対処するスウェーデン発祥のサプリメントが2015年4月から一斉発売されます。これは全国の悩めるママ、パパ、赤ちゃん本人にも朗報!産後のうつ症状で苦しむママや働くママのにとって、心強い存在になってくれそうで... 続きを読む

RSウイルスに赤ちゃんが感染すると重症化の危険-予防法とは

「RSウイルス感染症」の流行が始まっています。国立感染症研究所の調査によると、今年(2014年)は患者数(報告)が8月下旬から急増し、9月中旬には流行期に入ったとみられています。例年晩秋から春にかけて流行し、冬季にピークがみられましたが、... 続きを読む

子どもが風邪から中耳炎を発症しやすい理由-急性中耳炎の対処法

「ひな祭り」の3月3日は、「耳の日」でもあります。耳の健康障害でポピュラーな「中耳炎」は、乳幼児がかかりやすい病気です。細菌やウイルスが鼓膜(こまく)の内側の中耳に侵入して炎症を起こしますが、かぜに引き続いて起こることがよくあります。夜中... 続きを読む

ノロウイルスによる食中毒は冬場に増える-家族感染を予防しよう

夏を中心に起こる食中毒は細菌(サルモネラ菌、カンピロバクター、病原性大腸菌など)によるものが多いのですが、冬になると細菌が検出されないものがかなりふえてきます。その大部分はノロウイルスによるものです。流行する時期は11月から3月くらいまで... 続きを読む