イチジク浣腸10の効能・用量・副作用など

イチジク浣腸10の基本情報

イチジク浣腸10

イチジク浣腸10

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 浣腸薬
形状 挿入剤
製造販売会社 イチジク製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

イチジク浣腸10の特徴

今すぐに出したいお子様の便秘に。

イチジク浣腸10の効能効果

便秘

イチジク浣腸10の用法用量

1歳以上6歳未満:1回1個(10g)を直腸内に注入して下さい。
1歳未満:1回1個の約半量(5g)を直腸内に注入して下さい。
それで効果のみられない場合には,さらに同量をもう一度注入して下さい。
約半量の量り方…容器の中程を2本の指で軽く押し両指先が当たるまで注入して下さい。なお,残りの液は衛生上の問題から廃棄して下さい。
〔2本目を使用の際は,1時間あけた方が効果的です。〕
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)本剤使用後は,便意が強まるまで,しばらくがまんして下さい。
(使用後すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され,効果がみられないことがあります。)
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(4)特に乳幼児の場合には,安易な使用を避け,浣腸にたよりすぎないよう注意して下さい。
(5)無理に挿入すると直腸粘膜を傷つけるおそれがあるので注意して下さい。
(6)冬季は容器を温湯(40℃位)に入れ,体温近くまで温めると快適に使用できます。
(7)浣腸にのみ使用して下さい。(内服しないで下さい。)

イチジク浣腸10の成分分量

1個(10g)中
グリセリン 5g
(添加物)
ベンザルコニウム塩化物,精製水

イチジク浣腸10の使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが,浣腸薬として定められた一般的な事項を記載しています。
■してはいけないこと
連用しないで下さい。
(常用すると,効果が減弱し(いわゆる“なれ””が生じ)薬剤にたよりがちになります。)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい。)
(3)1歳未満の乳児。
(4)高齢者。
(5)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐,痔出血
(6)次の診断を受けた人。
心臓病。
2.2?3回使用しても排便がない場合は,使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
その他の注意
■その他の注意
次の症状があらわれることがあります。
立ちくらみ,肛門部の熱感,腹痛,不快感

イチジク浣腸10の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい(誤用の原因になったり品質が変わる。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

イチジク浣腸10が気になる人向けのコラム

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

精力剤を飲む前に試したい、精力増強に効果がある9つの食材と栄養素

赤ちゃんを授かるために、パートナーと子作りしたいけど、昨今の男性は仕事のストレスで精力が減退気味。そこで、日頃の疲れを撃退させながら、精力サポートする食べものをご紹介します。 ストレスは男性の精力を減退させる 男性の性欲のピークは25歳... 続きを読む

インフルにもノロにも負けない! ウイルスに強い体になる5つのポイント

ウイルスが蔓延しやすいこの時期。手洗いうがいはもちろん、一番の対策は自分の体の防御機能「免疫力」をアップすること。今日からすぐできる方法をまとめました! 食、運動、入浴で免疫力を高める! 人の体には、外的から身を守る免疫という機能が備わ... 続きを読む

【アラフォー妊娠ライフ】妊娠9ヵ月・お待ちかねの産休は“安静”で

「産前休暇がとっても楽しかった♪」とは、多くのママから聞く言葉。そう、9ヵ月といえば産休に入る時期です。赤ちゃんを迎える準備をしながら、のんびり過ごす至福のひととき。怒涛のような(?)子育て生活前の“最後の休日”を期待していましたが……... 続きを読む

高血圧が改善しにくい…腎動脈狭窄症かも?8つの項目をチェック

血液の流れを妨げ、臓器の働きを低下させる動脈硬化。心臓(冠動脈)に起これば狭心症や心筋梗塞、脳(脳動脈)で起これば脳梗塞を発症することはよく知られています。動脈硬化はこのほか首(頸動脈)や脚(下肢動脈)、腎臓(腎動脈)など全身の動脈で起こ... 続きを読む