グリセリン「昭和」Pの効能・用量・副作用など

グリセリン「昭和」Pの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 浣腸薬
形状 挿入剤
製造販売会社 昭和製薬・大
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

グリセリン「昭和」Pの効能効果

外用:ひび・あかぎれ。
浣腸用:便秘

グリセリン「昭和」Pの用法用量

(外用)脱脂綿・ガーゼ等に浸して患部に軽く塗る。
(浣腸用)本剤を精製水で2倍に希釈し,浣腸器を用いて直腸内に注入する。注入量は希釈後の溶液の量として次の通りとする。
12歳以上:1回30mL
6歳以上12歳未満:1回20mL
1歳以上6歳未満:1回10mL
1歳未満:1回5mL
効果のみられないときは,さらに同じ量をもう一度直腸内に注入する。
(用法関連注意)
(外用)
(1)外用にのみ使用し,内服しないこと。
(2)目に入らないように注意し,万一目に入ったときは,すぐに水又はぬるま湯で洗い流すこと。
(3)小児に使用する場合には,特に注意し,保護者の指導監督のもとに使用すること。
(浣腸用)
(1)定められた濃度に希釈して,よくかき混ぜること。
(2)本剤使用後は,便意が強まるまでしばらくがまんすること。(使用後すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され,効果がみられないことがある。)
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(4)特に乳幼児の場合には,安易な使用をさけ,浣腸に頼りすぎないように注意すること。
(5)浣腸にのみ使用すること。
(6)浣腸器を無理に挿入すると,直腸粘膜を傷つけるおそれがあるので注意すること。

グリセリン「昭和」Pの成分分量

日本薬局方
グリセリン 84?87%
(添加物)

グリセリン「昭和」Pの使用上の注意と副作用

(浣腸用)
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり副作用が起こりやすくなる)
連用しないこと。[常用すると,効果が減弱し(いわゆる“なれ””が生じ)薬剤にたよりがちになる。]
(浣腸用)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人(流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい)
(3)1歳未満の乳児
(4)高齢者
(5)次の症状のある人
激しい腹痛,吐き気・嘔吐,痔出血
(6)次の診断を受けた人
心臓病
2.2?3回使用しても排便がない場合は使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
その他の注意
(浣腸用)
■その他の注意
次の症状があらわれることがある。
立ちくらみ,肛門部の熱感,不快感

グリセリン「昭和」Pの保管上の注意

(1)小児の手の届かないところに保管すること。
(2)直射日光をさけ,なるべく涼しい場所に密栓して保管すること。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために,他の容器に入れ替えないこと。
(4)希釈するための容器は清潔な物を使用すること。
(5)使用残液は捨てること。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。

グリセリン「昭和」Pが気になる人向けのコラム

大人のアトピー性皮膚炎-乾燥肌の人は要注意? 気をつけたいスキンケア

アトピー性皮膚炎は、体のあちこちにかゆい湿疹ができる慢性病で、以前は子どものときにできても、成長するにつれて症状が治まる傾向にありました。しかし最近は思春期になっても治まらず、成人後さらに悪化するとか、成人になって突然発症するという例もあ... 続きを読む

ニキビができるメカニズム-予防する4つのポイント|処方薬の効能

ニキビなんて病気のうちに入らない――と考えていませんか。しかしニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という病名の、れっきとした皮膚の病気です。
自然に治ったり、生活習慣の改善や市販薬、ニキビ用化粧品などで治るケースもありますが... 続きを読む

つらい手荒れを治す-症状別対策法・症状にあったハンドクリーム

気温が低く空気が乾燥した日が続くと、肌も乾燥します。顔も気になりますが、“手”はどうでしょうか?
ちょっとかさかさする程度から、ひび、あかぎれ、ささくれ、しもやけ、手湿疹など、“手あれ”に悩まされている人は多いのではないでしょうか。
... 続きを読む

ダイエットや便秘に効く水ってあるの? 効果を高める飲むタイミングは

人間の体内で水の占める割合は、新生児で約80%、成人でも約60%といわれます。体重の約6%の水分が失われると脱水症状が現われ、15~20%を失うと生命の危険があるといいますから、私達の体にとって、水は非常に重要なものです。
ところで、... 続きを読む

パソコン&スマホの長時間使用にご用心-いつの間にかたまる疲労

パソコンやケータイは、いまや生活必需品、これなしでは生きていけないという人も珍しくありません。しかし、どんなに便利なものでも、使いすぎたり頼りすぎたりしていると、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。

毎日、長時間にわたってパソコンに... 続きを読む