グリセリン浣腸A10の効能・用量・副作用など

グリセリン浣腸A10の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 浣腸薬
形状 挿入剤
製造販売会社 ムネ製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

グリセリン浣腸A10の特徴

柔らかい透明容器

グリセリン浣腸A10の効能効果

便秘

グリセリン浣腸A10の用法用量

1歳以上6歳未満1回1個(10g)を直腸内に注入します。1歳未満の乳児に使用する場合は、1回1個の約半量(約5g)を容器の1/2線により量り、直腸内に注入します。なお、使用残液は廃棄してください。それで効果のみられない場合には、さらに同量をもう一度注入してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)本剤使用後は、便意が強まるまで、しばらくがまんすること。(使用後、すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され,効果がみられないことがある。)
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(4)特に乳幼児の場合には、安易な使用を避け、浣腸にたよりすぎないよう注意すること。
(5)浣腸にのみ使用すること。

グリセリン浣腸A10の成分分量

1個(10g)中
グリセリン 5g
(添加物)
ベンザルコニウム塩化物

グリセリン浣腸A10の使用上の注意と副作用

してはいけないこと
連用しないこと(常用すると、効果が減弱し(いわゆる“なれ”が生じ)薬剤にたよりがちになる。)
相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい。)
(3)1歳未満の乳児。
(4)高齢者。
(5)はげしい腹痛、吐き気・嘔吐、痔出血のある人。
(6)心臓病の診断を受けた人。
2.(1)2?3回使用しても排便がない場合は使用を中止し、この外箱を持って医師又は薬剤師に相談すること
その他の注意
次の症状があらわれることがある
立ちくらみ、肛門部の熱感、不快感

グリセリン浣腸A10の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

グリセリン浣腸A10が気になる人向けのコラム

ハロウィンに作りたいカボチャのレシピ-グラタン・クラムチャウダーなど

10月31日はハロウィーン。古代ケルト人の収穫感謝祭に由来し、やがてキリスト教の万聖節の前夜祭となり、現在は子どもも楽しめるお祭りとなりました。
特にアメリカではとても盛んで、オレンジ色のかぼちゃをくり抜いたちょうちん“ジャック・オ・ラ... 続きを読む

ピーマン酢で健康的にダイエット

ピーマン酢
一般的にお酢の効能としてあげられるのは、体内に入るとアミノ酸を活性化させ、脂肪を燃焼させるということです。ピーマン酢を使ったダイエットは誰でも簡単に行なうことができるダイエット方法として注目されています。その作り方はピーマン... 続きを読む

もやしマヨネーズで美味しくダイエット!

もやしマヨネーズ
もやしマヨネーズダイエットは、その名の通り茹でたもやしにマヨネーズをあえて作ったものを毎食時に食べるという簡単なダイエット方法です。その作りかたは、洗ったもやしを耐熱容器に入れて2分間電子レンジにかけます。熱いので十分... 続きを読む

水素水って本当に美容にいいの?効果がある水素水の選び方

健康・美容効果が注目される水素水のウソ、ホント。 アンチエイジングにいいらしい、飲むとやせるらしいなど、最近話題の水素水。その効果や見分け方を紹介。 この10年で解明されてきた、水素水の効果 この夏、さまざまなところで見かける水素水... 続きを読む

オシャレなだけじゃない。不調に効く「アロマオイル」の使い方

リラックスが主体のイギリス式、治療に用いるフランス式 「以前はアロマセラピーを“気休め”程度と考えていましたが、今では健康を保つのに欠かせない“万能薬”になっています」と言うのは、編集者であり、『すべてアロマで解決しました!』(講談社... 続きを読む