新レシカルボン坐剤Sの効能・用量・副作用など

新レシカルボン坐剤Sの特徴

新レシカルボン坐剤Sは,排便に固有の重要な生理的役割りを持つ炭酸ガスを微細な球の状態で発生することによって,自然に近いおだやかなお通じをもたらします。

新レシカルボン坐剤S

新レシカルボン坐剤S

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 浣腸薬
形状 挿入剤 
製造会社 京都薬品工業
販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 NEWビワ浣腸10   NEWビワ浣腸20   NEWビワ浣腸30   アイデアル浣腸10 4コ入   アイデアル浣腸30 2コ入,5コ入,10コ入  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



新レシカルボン坐剤Sの効能・効果

便秘

新レシカルボン坐剤Sの用法・用量

12才以上,1回1個を直腸内に挿入し,それで効果のみられない場合には,さらにもう1個を挿入してください。
12才未満の小児,乳幼児は使用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤使用後は,便意が強まるまで,しばらくがまんしてください。
(使用後,すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され,効果がみられないことがあります。)
(3)12才以上の小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)本剤が軟らかい場合には,しばらく冷やした後に使用してください。また,硬すぎる場合には,しばらく室温に放置し,軟らかくなった後に使用してください。
(5)本剤は肛門にのみ使用してください。

新レシカルボン坐剤Sの成分・分量

1個(2.6g)中
炭酸水素ナトリウム 0.5g
無水リン酸二水素ナトリウム 0.68g
(添加物)
軽質無水ケイ酸,大豆レシチン,ハードファット

「新レシカルボン坐剤S」を含むQ&A

もっと見る

新レシカルボン坐剤Sの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を使用している間は,次のいずれの医薬品も服用(使用)しないでください
他の便秘薬(下痢,浣腸薬)
3.連用しないでください
〔常用すると,効果が減弱し(いわゆる“なれ””が生じ)薬剤にたよりがちになります。〕
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:下痢,残便感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック:使用後すぐに胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。
3.2〜3回使用しても排便がない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
その他の注意
■その他の注意
次の症状があらわれることがあります。
肛門部の刺激感,腹部不快感,腹痛

新レシカルボン坐剤Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない30℃以下の涼しい所に保管してください。ただし,アルミ袋を開封後の未使用分は,直射日光の当たらない湿気の少ない冷所(15℃以下)に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)保管する場合は,坐剤の先を下に向けてアルミ袋に戻し,外箱に入れ,マークに従って立てて保管してください。
(4)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。