ヂナンコーハイの効能・用量・副作用など

ヂナンコーハイの特徴

ヂナンコーハイは,抗炎症作用の顕著なプレドニゾロン酢酸エステルを始め,有効成分を軟膏状にして,使いやすい注入式容器に入れた新しいタイプの痔疾用剤です。
痛み:局所麻酔作用のあるリドカインで痛みを鎮めます。
出血:エフェドリン塩酸塩で出血を止め,酸化亜鉛で患部を保護します。
はれ・かゆみ:抗炎症作用のあるプレドニゾロン酢酸エステルで,はれ,かゆみを抑えます。
●ご使用の前に入浴又はぬるま湯を用い,ガーゼなどで患部をきれいにしますと,一層効果的です。
●排便時の痛みが激しい時は,1時間ほど前に注入しておきますと,排便時の痛みをやわらげ,便の通りをよくします。
■特長
効きめが速い:軟膏状の薬剤が見えない患部にまで直接とどき,効きめが速く表れます。
2通りの使い方:坐薬の代わりとして肛門部に薬剤を注入。又,軟膏として肛門外部に薬剤を塗布できます。
衛生的:注入部が細く,スムーズに手を汚さずに自分で注入できます。

ヂナンコーハイ

ヂナンコーハイ

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 外用痔疾用薬
形状 挿入剤 
製造会社 雪の元本店
販売会社 ムネ製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 DHC ジオサーマル   VV痔エース坐剤   VV痔エース軟膏   Vザックエース坐剤   Vザックエース軟膏  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ヂナンコーハイの効能・効果

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和

ヂナンコーハイの用法・用量

成人(15歳以上)1日1~2回,朝・就寝前・排便後等に患部を清潔にした後,1回1個,肛門部に挿入し,全量を注入する。又は,適量を肛門部に塗布する。なお,一度塗布に使用したものは,注入には使用しないこと。
(用法関連注意)
(1)小児には使用させないこと
(2)肛門部にのみ使用すること

ヂナンコーハイの成分・分量

1個(2.5g)中
プレドニゾロン酢酸エステル 1mg
リドカイン 37.5mg
エフェドリン塩酸塩 12.5mg
酸化亜鉛 150mg
l-メントール 7.5mg
(添加物)
ワセリン,流動パラフィン,サラシミツロウ,スクワラン,オリブ油

ヂナンコーハイの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる。)
1.次の人は使用しないこと
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)患部が化膿している人。
2.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)高齢者。
(5)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(6)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(7)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,糖尿病,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:刺激感,化膿
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。
(2)10日間位使用しても症状がよくならない場合

ヂナンコーハイの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい場所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,期限内であっても,開封後は品質保持の点からなるべく早くご使用ください。