ドルマインH坐剤の効能・用量・副作用など

ドルマインH坐剤の基本情報

ドルマインH坐剤

ドルマインH坐剤

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 外用痔疾用薬
形状 挿入剤
製造販売会社 日新製薬・山
販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ドルマインH坐剤の特徴

1.患部の炎症をおさえるヒドロコルチゾン酢酸エステル,傷の治りをたすけ組織を修復するアラントインなど7つの成分を配合した坐剤で,痔による代表的な4つの症状,痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を発揮します。
2.卵黄油,ユーカリ油を配合していますので,傷ついた患部を保護し,使用時に清涼感があります。
3.挿入しやすい小さめの坐剤で,肛門内側のいぼ痔のはれ・出血等に効果的です。

ドルマインH坐剤の効能効果

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和

ドルマインH坐剤の用法用量

[年齢:1回量:用法]
成人(15才以上):1個:肛門内に挿入してください。なお,1日3回まで使用できます。
15才未満:使用しないでください。
(用法関連注意)
(1)小児には使用させないでください。
(2)本剤が軟らかい場合には,しばらく冷やした後に使用してください。また,硬すぎる場合には,軟らかくなった後に使用してください。
(3)肛門にのみ使用してください。
(4)定められた用法,用量を厳守してください。

ドルマインH坐剤の成分分量

1個(1.4g)中
リドカイン塩酸塩 60mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 5mg
ヒドロコルチゾン酢酸エステル 5mg
イソプロピルメチルフェノール 2mg
アラントイン 20mg
卵黄油 100mg
ユーカリ油 2mg
(添加物)
軽質無水ケイ酸,没食子酸プロピル,ハードファット

ドルマインH坐剤の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分,鶏卵によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)患部が化膿している人。
2.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)高齢者。
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,糖尿病,甲状腺機能障害
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮 膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:刺激感,化膿
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ドルマインH坐剤の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所(1?30℃)に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)保管する場合は,坐剤の先を下に向けて外箱に入れ,マークに従って立てて保管してください。
(4)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(5)冷凍庫に入れないでください。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,開封後は品質保持のためになるべく早く使用してください。

ドルマインH坐剤が気になる人向けのコラム

ボーンペップ

いま日本の骨粗しょう症の患者数は約1千万人。特にホルモンが減少する閉経後の女性がかかりやすいため、アラフォー世代から予防を心がけることが重要です。そこで、今注目されているのが骨を強くする新成分“ボーンペップ”。鶏卵からヒヨコが生まれるメカ... 続きを読む

さつまいものアレンジレシピ-ドライカレー、さつまいもとりんごのサラダ

天高く馬肥ゆる秋、涼しさが増すとともに、自然と食欲も増してきます。味覚の秋といえば鮭にさんまに松茸をはじめとしたきのこ類、栗、ぶどうと盛りだくさんですね。その中で、さつまいもはちょっと地味な存在ながら栄養価は抜群!
和・洋・中華、主食から... 続きを読む

病気による休職から復帰するときの確認したい7つのこと

働く世代でも、時に病気やけがにより会社をある期間休まなければならなくなることは珍しいことではありません。現代では、休職が必要な代表的な病気といえばうつ病ですが、その他にがん、心筋梗塞、脳梗塞、胆のう炎、腰痛といったさまざまな病気があります... 続きを読む

生活に取り入れたいアロマテラピー 乾燥しょうがは万能ハーブ

春の訪れは突然にやってきます。ふと気がつくと梅の花が咲き、桜の花が開き始めます。暖かな日差しを受け、春を迎える喜びを感じるその日は、新たな1年のスタートのように思われます。まずは体の準備が必要です。冬の間の寒さから体を守ってくれた肌や粘膜... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む