レーバンG軟膏の効能・用量・副作用など

レーバンG軟膏の特徴

◆痔は肛門やその周辺に発生する病気の総称です。肛門は静脈が網の目のように集まっています。二本の足で上半身を支える人間は,ただでさえ肛門にうっ血が起こりやすいのですが,排便などで腹圧がかかるとさらにうっ血が起こり,これが痔の原因となります。
痔はそのままにしておくと慢性化して治りにくくなるので,日頃の養生と早めの手当が大切です。
◆レーバンG軟膏は,痔の痛み,はれ,かゆみを緩和する成分を効果的に配合した,色のつかない軟膏です。

レーバンG軟膏

レーバンG軟膏

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 外用痔疾用薬
形状 塗布剤 
製造会社 万協製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC ジオサーマル   VV痔エース坐剤   VV痔エース軟膏   Vザックエース坐剤   Vザックエース軟膏  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



レーバンG軟膏の効能・効果

内痔核・外痔核・裂肛・脱肛・肛門湿疹・肛門そう痒・肛門潰瘍

レーバンG軟膏の用法・用量

1日1〜2回,適宜量をそのまま塗布するか,ガーゼにのばして貼布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)肛門部にのみ使用してください。

レーバンG軟膏の成分・分量

100g中
次硝酸ビスマス 10g
アミノ安息香酸エチル 5g
ナファゾリン塩酸塩 0.02g
オキソアミヂン 0.5g
ヨークレシチン 0.5g
グリチルレチン酸 0.4g
トコフェロール酢酸エステル 0.5g
リュウノウ 1.5g
(添加物)
マクロゴール

レーバンG軟膏の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:刺激感
3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

レーバンG軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。また,一度開封した後は使用期限内であってもなるべく早く使用してください。