新エフレチンKの効能・用量・副作用など

新エフレチンKの基本情報

新エフレチンK

新エフレチンK

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 外用痔疾用薬
形状 挿入剤
製造販売会社 三宝製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

新エフレチンKの特徴

痔は便秘や排便の力みなどが誘因となって,肛門周囲の細かい静脈の血液の流れが悪くなり,うっ血して,出血,痛み,かゆみなどをともない,ひどくなると細菌の感染によって,炎症や化膿などの症状をあらわします。
新エフレチンKはこのような症状を緩和するため,体温ですみやかに溶け,患部に直接作用するようにつくられた坐剤です。炎症やはれをしずめるヒドロコルチゾン酢酸エステル,うっ血をとり,血液の循環を促進するトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE),痛み,かゆみを止めるジブカイン塩酸塩とジフェンヒドラミン塩酸塩,そのほか止血殺菌剤などを配合しています。

新エフレチンKの効能効果

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和

新エフレチンKの用法用量

成人(15才以上)1回1個を1日1?3回,肛門内に挿入してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を必ず守ってください。
(2)小児には使用させないでください。
(3)本剤が軟らかい場合には,しばらく冷やした後に使用してください。また,硬すぎる場合には,軟らかくなった後に使用してください。
(4)肛門にのみ使用してください。
(5)使用後20?30分間は,激しい運動を避けてください。
(6)坐剤挿入時の圧迫,摩擦でおきた違和感は,坐剤が溶けるにしたがってなくなってきます。

新エフレチンKの成分分量

1個(1.75g)中
ヒドロコルチゾン酢酸エステル 5mg
ジブカイン塩酸塩 10mg
クロルヘキシジン塩酸塩 10mg
ジフェンヒドラミン塩酸塩 20mg
トコフェロール酢酸エステル 20mg
アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネート 20mg
酸化亜鉛 100mg
ハッカ油 5mg
ユーカリ油 5mg
(添加物)
ステアリン酸ソルビタン,ポリオキシエチレンソルビタンステアレート,無水ケイ酸,ジメチルポリシロキサン,ハードファット

新エフレチンKの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)患部が化膿している人。
2.本剤を使用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください
抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬,鎮咳去痰薬,鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)
3.使用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります)
4.授乳中の人は本剤を使用しないか,本剤を使用する場合は授乳を避けてください
5.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。 排尿困難
(5)次の診断を受けた人。 緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
泌尿器:排尿困難
その他:刺激感,化膿
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.使用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
口のかわき,眠気
4.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

新エフレチンKの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所(1?30℃)に,常に坐剤の先端を下向きに立てた状態で保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。

新エフレチンKが気になる人向けのコラム

女性の片頭痛は男性の4倍! 原因は女性ホルモンの変動?

原因となる病気がなく頭痛をくり返すことを慢性頭痛といいますが、慢性頭痛のなかでも特に女性に多いのが「片頭痛」です。片頭痛はズキンズキンと脈打つような強い痛みが特徴で、こめかみから目のあたりにかけて強い頭痛が数時間から2~3日も続きます。 ... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

関節リウマチの新しい治療とは-新薬の効果が精神的にも影響する?

私たちの体には、侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃する免疫のしくみが備わっています。関節リウマチはこの免疫システムの異常によって、外敵ではなく自分自身の細胞や組織を攻撃してしまう病気です。ターゲットは手の指をはじめとする全身の関節... 続きを読む

子どもと高齢者の脱水に気をつけて-水分の摂り方と脱水のサイン

今年は早くも5月のうちに熱中症発症のニュースが流れましたが、多くなるのはやはりこれから、猛暑が続く7月以降です。
熱中症の主な原因は、高温の環境で大量に発汗することによる脱水症です。暑いと汗をたくさんかきますが、それは汗が蒸発するとき... 続きを読む