プリズマホルモン精の効能・用量・副作用など

プリズマホルモン精の特徴

男性ホルモンは主に睾丸の間質細胞から分泌されており,先天的に睾丸の発育の悪い人を除けば,加齢と共に睾丸の機能も衰え,その結果,体内の男性ホルモンが不足していきます。
プリズマホルモン精は男性ホルモンの前駆物質が含まれているブタ睾丸抽出物と,男性ホルモンのメチルテストステロンを主成分に,滋養強壮と胃腸機能を高めることにより滋養強壮効果を向上させる多種類の生薬が配合されており,中高年における男性ホルモンの分泌不足によって起きる男性の性欲減退,陰萎等の症状を改善する医薬品です。

プリズマホルモン精

プリズマホルモン精

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
形状 液剤 
製造会社 原沢製薬工業
販売会社 宝仙堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第1類医薬品
同じ分類の薬 アクティL   ウチダのウワウルシ   ウワウルシ「松浦」   ウワウルシいけだや   ウワウルシヤマモト  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



プリズマホルモン精の効能・効果

性欲減退症,陰萎,強精,官能性神経症,不感症,不眠症,夢精

プリズマホルモン精の用法・用量

大人1回添付容器で1杯(8g)を、1日4回朝・昼・夕食前と就寝前に服用して下さい。
症状の程度により、1回量を1~2杯の範囲で調節して服用できます。
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守して下さい。

プリズマホルモン精の成分・分量

本品1日量32g中
睾丸抽出物 9.6g
メチルテストステロン 0.0016g
杜松実アルコール水浸出溶液 3.2g
橙皮・甘草アルコール水浸出溶液 3.2g
陳皮・当薬・白し・生姜アルコール水浸出エキス 0.32g
莪朮・大蒜アルコール水浸出液 2.56g
タラ根・ゲンノショウコアルコール水浸出エキス 5.76g
茴香・丁子・桂皮・牛肝臓アルコール水浸出液 5.44g
ニクズクアルコール水溶液 1.9g
(添加物)
サッカリンナトリウム

プリズマホルモン精の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないで下さい。
(1)女性及び未成年の人
(2)前立腺肥大症,前立腺腫瘍(悪性)の診断をされ,治療を受けている人
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないで下さい。(アルコールを含有するため)
3.本剤は,注射に用いないで下さい。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)次の診断を受けた人
肝臓病,心臓病,腎臓病,糖尿病,高血圧
(5)45歳未満で,精巣機能低下などの疑いがある人(本剤は原則として45歳以上の成人を対象としています)
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振
精神神経系:過敏症状
(2)1~2ヶ月服用しても症状がよくならない場合

プリズマホルモン精の保管上の注意

1.小児の手のとどかない所に保管して下さい。
2.直射日光をさけ,なるべく涼しい所に密栓して保管して下さい。
3.誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れ替えないで下さい。
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。