マヤ金蛇精(カプセル)の効能・用量・副作用など

マヤ金蛇精(カプセル)の特徴

☆マヤ金蛇精(カプセル)は,男性の更年期に不足してくる男性ホルモンであるメチルテストステロン,局所血流量を増加させるヨヒンビン塩酸塩,ストリキニーネ硝酸塩を中心に,強壮生薬のニンジン,赤何首烏末,イカリ草末,そして動物性のマムシ(五八霜末)及びビタミン(ビタミンB1やビタミンC)を配合し,男性の性機能の衰えに働きかけ効果をあらわします。

マヤ金蛇精(カプセル)

マヤ金蛇精(カプセル)

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
形状 カプセル 
製造会社 摩耶堂製薬
販売会社
医薬品区分 要指導医薬品
リスク区分 要指導医薬品
同じ分類の薬 アクティL   ウチダのウワウルシ   ウワウルシ「松浦」   ウワウルシいけだや   ウワウルシヤマモト  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



マヤ金蛇精(カプセル)の効能・効果

神経衰弱性陰萎,老衰性陰萎,衰弱性射精

マヤ金蛇精(カプセル)の用法・用量

通常1回2カプセル,1日2回,水又はお湯で服用してください。
なお,症状により倍量から半量まで増減することもできます。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)PTPシート品のカプセル剤取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

マヤ金蛇精(カプセル)の成分・分量

2カプセル中
ヨヒンビン塩酸塩 9.95mg
ストリキニーネ硝酸塩 0.05mg
メチルテストステロン 5.0mg
ニンジン 100.0mg
チアミン硝化物(塩酸チアミン) 5.0mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 50.0mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 100.0mg
五八霜末 200.0mg
イカリ草末 100.0mg
赤何首烏末 100.0mg
(添加物)
乳糖水和物,ゼラチン,黄色4号(タートラジン),黄色5号,ラウリル硫酸ナトリウム

マヤ金蛇精(カプセル)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
(1)アンドロゲン依存性腫瘍(例えば前立腺癌)及びその疑いのある人
(腫瘍の悪化をうながすことがあります。)
(2)肝機能障害のある人
(症状が増悪することがあります。)
(3)女性
(4)15歳未満の小児
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください。
ワルファリンカリウム等の抗凝血薬、男性ホルモンを含んだ医薬品、他の勃起不全治療薬、他のヨヒンビン製剤
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)高齢者(アンドロゲン依存性腫瘍が潜在化している可能性があるため)
(3)薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人
(4)次の症状のある人
排尿困難
(5)次の診断を受けた人
前立腺肥大症,肝臓病,心臓病,腎臓病,高血圧
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感,腹痛
その他:興奮,不眠,高血圧
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
口のかわき,軟便,下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。

マヤ金蛇精(カプセル)の保管上の注意

■ビン入り品,PTPシート品について
(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(3)一度開封した後は,品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
■ビン入り品について
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)ビンのフタはよくしめてください。しめ方が不十分ですと湿気などのため変質することがあります。また,本剤をぬれた手で扱わないでください。
(3)ビンの中の詰め物は,輸送中にカプセル剤が破損するのを防ぐためのものです。
開封後は不要となりますので取り除いてください。
(4)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
■PTPシート品について
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)PTPシートを切り離すときは,変質の原因となりますので,服用しない本剤の裏面のアルミ箔に傷をつけないようにしてください。また,切り離したPTPシートの角で,手指などを傷つけないようご注意ください。