桔梗智辨水気下しの効能・用量・副作用など

桔梗智辨水気下しの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
形状 その他
製造販売会社 チベン製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

桔梗智辨水気下しの特徴

桔梗智辨 水気下しは,利尿作用のあるナンバンゲ・バショウコン・シュロジツ,尿路の殺菌・利尿作用のあるウワウルシ,消炎・利尿作用のあるカゴソウ,消炎・鎮痛・利尿作用のあるセッコツボク・モクツウ,鎮静・利尿作用のあるブクリョウ,急な痛みを和らげる作用のあるカンゾウ,計9種の和漢生薬を配合した生薬の煎じ薬です。

桔梗智辨水気下しの効能効果

利尿剤として次に用いる。
腎臓病,膀胱カタル,尿道炎,脚気

桔梗智辨水気下しの用法用量

成人(16歳以上)は,1包に水500mLを加え,半量に煎じつめ,その煎液を1日3回に分け,食前に温めて服用してください。
8?15歳は成人の1/2量,5?7歳は成人の1/3量,3?4歳は成人の1/6量あて,いずれも1日3回に分け,食前に温めて服用してください。
3歳未満の乳幼児には,服用させないでください。
(食前とは,食事のおよそ30分前をいいます。)
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

桔梗智辨水気下しの成分分量

1包(24g)中
ナンバンゲ 2g
ウワウルシ 3g
バショウコン 3g
シュロジツ 3g
カゴソウ 2g
セッコツボク 3g
ブクリョウ 3g
モクツウ 3g
カンゾウ 2g
(添加物)
なし

桔梗智辨水気下しの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)次の症状のある人:むくみ
(5)次の診断を受けた人:高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
(1)まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
(2)1ヵ月ぐらい服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。

桔梗智辨水気下しの保管上の注意

1.直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)。

桔梗智辨水気下しが気になる人向けのコラム

腎臓のはたらきとは? 腎臓病になりやすい人の6つの特徴

ものごとの重要なポイントを表すのに「肝腎」という言葉が使われます。腎とは文字通り腎臓のこと。肝臓と並んで人の命を左右する重要な臓器です。
腎臓の位置は腰より少し上の背中側で、左右1つずつあり、大きさはその人の握りこぶしより少し大きいくら... 続きを読む

膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎

膀胱(ぼうこう)は尿をためておく“袋”です。恥骨(ちこつ)の後ろに位置し、その後ろ側は男性では直腸、女性では子宮と腟(ちつ)に接しています。袋の中の一番内側は粘膜層で、それを平滑筋(へいかつきん)という筋肉の層が覆っています。
腎臓で... 続きを読む

尿路結石は若い女性にもできる!? 予防になる食事と生活習慣

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱(ぼうこう)に運ばれます。そして一定量の尿が膀胱にためられ、膀胱から尿道を通って排出されます。この腎臓、尿管、膀胱、尿道など、尿の通り道を尿路といい、尿路のどこかに石ができる病気が尿路結石です。症状は激痛... 続きを読む

人工透析が必要になる病気とは?-5つの腎機能低下リスク

日本では人工透析(透析療法)を受ける人が増え続けています。1990年には約10万人だったのが、2000年には約20万人になり、現在は30万人にものぼります(日本透析医学会調べ)。そのため最近は、人工透析を専門に行う病院をよく見かけるように... 続きを読む

高熱、腰痛、過労ぎみ…もしかすると腎盂腎炎かも?女性に多い病気

高熱や腰痛は、かぜのひき始めによくみられる症状です。それだけに、「かぜをひいたのかしら?」と思う方が少なくないでしょう。こうした症状が、疲れがたまっているときに起こった場合は、細菌感染症の一つ、急性腎盂(じんう)腎炎の疑いがあります。特に... 続きを読む