腎仙散(ジンセンサン)の効能・用量・副作用など

腎仙散(ジンセンサン)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
形状 散剤
製造販売会社 摩耶堂製薬
販売会社 森下仁丹
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

腎仙散(ジンセンサン)の特徴

☆腎仙散(ジンセンサン)は,利尿作用のほか,抗炎症作用を有する生薬を配合しており,腎臓の老廃物排泄を促進するとともに,排泄障害や炎症性の疾患にも効果を発揮します。
☆服用しやすい散剤で,携帯に便利なアルミ分包包装です。

腎仙散(ジンセンサン)の効能効果

腎炎,ネフローゼ,腎盂炎,膀胱炎,むくみ,尿利減少

腎仙散(ジンセンサン)の用法用量

次の量を,食間に,水又はお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1包:3回
8歳?15歳:1/2包:3回
4歳?7歳:1/3包:3回
4歳未満:服用しないこと
■服用時間を守りましょう
食間:食後2?3時間後の空腹時を指します
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

腎仙散(ジンセンサン)の成分分量

20包(30g)中
生薬エキス 25g (タクシャ・チョレイ・ケイヒ・ジオウ・ボウイ・シャゼンシ・ボウコン各6g,ブクリョウ・ニワトコ・キササゲ各8g,ソウジュツ・シャクヤク各7g,インチンコウ・サンシシ各5g,ウワウルシ10g)
(添加物)
カルメロースカルシウム(CMC-Ca),無水ケイ酸

腎仙散(ジンセンサン)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸の弱い人
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
食欲不振,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,吐き気・嘔吐
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
腸間膜静脈硬化症:長期服用により,腹痛,下痢,便秘,腹部膨満等が繰り返しあらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

腎仙散(ジンセンサン)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

腎仙散(ジンセンサン)に効果効能が似た薬

腎仙散(ジンセンサン)が気になる人向けのコラム

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む

女性がなりやすい!膀胱炎と腎盂腎炎とは?

そもそも膀胱炎ってどんな病気?
膀胱炎とは尿道から細菌が侵入し膀胱が炎症を起こす病気です。

主に大腸からの細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす細菌感染症です。
急性膀胱炎は、10代後半から20〜30代の女性に多く発症しま... 続きを読む

砂糖の摂りすぎが健康を害する、砂糖依存に注意! 5つの脱砂糖テク

甘くて美味しい砂糖が実は、とても依存性が高いと言われていることをご存知ですか? 砂糖依存になるとどんな影響が体にあるのか、また砂糖依存になる人が多いアメリカで開発された、無理なく砂糖から卒業できる5つの方法をご紹介します! 砂糖は快楽... 続きを読む

女性に多い膀胱炎-再発しやすいのは何故? 注意したい9つの習慣

膀胱(ぼうこう)炎は女性にたいへん多い病気で、特に10代後半から20~30代の女性によくみられます。再発をくり返す人も多く、「自分は膀胱炎になりやすい体質では」と悩んでいる方もいるかもしれません。
膀胱炎にはいくつかのタイプがありますが... 続きを読む

高熱、腰痛、過労ぎみ…もしかすると腎盂腎炎かも?女性に多い病気

高熱や腰痛は、かぜのひき始めによくみられる症状です。それだけに、「かぜをひいたのかしら?」と思う方が少なくないでしょう。こうした症状が、疲れがたまっているときに起こった場合は、細菌感染症の一つ、急性腎盂(じんう)腎炎の疑いがあります。特に... 続きを読む