ネビラックDの効能・用量・副作用など

ネビラックDの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンE主薬製剤
形状 カプセル 
製造会社 大師製薬
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 --
同じ分類の薬 DHC 酢酸トコフェロール・カプセル   Eキャップ・ゴールドII-S   Eデスキャップ「300」   Eファイトナチュール   アルファーE  



ネビラックDの効能・効果

末梢血行障害による次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷え,しもやけ。
更年期における次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり,冷え,手足のしびれ,のぼせ。
月経不順。
ただし,これらの症状について,1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は,医師又は薬剤師に相談すること
次の場合のビタミンEの補給:老年期

ネビラックDの用法・用量

大人1日1回1カプセル食後
(用法関連注意)

ネビラックDの成分・分量

1カプセル中
酢酸d-α-トコフェロール 100mg
ガンマ-オリザノール 10mg
(添加物)
大豆レシチン,小麦胚芽油,ゼラチン,濃グリセリン,パラベン

ネビラックDの使用上の注意と副作用

ネビラックDの保管上の注意