バイロミンハイE300の効能・用量・副作用など

バイロミンハイE300の基本情報

バイロミンハイE300

バイロミンハイE300

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンE主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 興亜製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

バイロミンハイE300の特徴

ビタミンEは末梢血行循環の促進作用,過酸化脂質の生成の抑制,酵素系における各種物質の代謝に重要な働きをし,生体の機能を円滑にするのに重要な役割を果たしています。
ビタミンEは天然に存在するものはd体であり,合成品はdl体となります。その生理活性(効力)を比較すると,下記に示したとおり天然のd体の方が高く,また4種のd体トコフェロールではα型は最も生理活性が高いとされています。バイロミンハイE300はα型の天然型ビタミンE(d-α-トコフェロール酢酸エステル)と米糠油中に含まれているガンマ-オリザノールを小麦胚芽油ならびに大豆レシチンに溶かした服用しやすいソフトカプセル製剤です。
○各種ビタミンEの生理活性
[ビタミンEの種類:生理活性]
合成(dl体):dl-α-トコフェロール酢酸エステル:1.00
○天然型(d体):d-α-トコフェロール酢酸エステル:1.36
(日局10による。成分名は日局15の名称変更に対応。)

バイロミンハイE300の効能効果

末梢血行障害による次の諸症状※の緩和:肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷え,しもやけ
更年期における次の諸症状※の緩和:肩・首すじのこり,冷え,手足のしびれ,のぼせ
月経不順※
次の場合のビタミンEの補給:老年期

バイロミンハイE300の用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1カプセル:2?3回。ただし1日2回服用する場合は朝夕,1日3回服用する場合は朝昼晩服用する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法,用量を守ってください。

バイロミンハイE300の成分分量

3カプセル中
d-α-トコフェロール酢酸エステル 300mg
ガンマ-オリザノール 10mg
(添加物)
大豆レシチン,小麦胚芽油,ゼラチン,濃グリセリン,D-ソルビトール,エチルパラベン,プロピルパラベン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

バイロミンハイE300の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
便秘,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

バイロミンハイE300の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)ビン開け口の詰め物は輸送中のカプセル破損防止用です。開栓後は不要となりますので捨ててください。

バイロミンハイE300が気になる人向けのコラム

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

基礎体温はからだの情報の宝庫 妊娠や更年期の症状も分かる

月経は体調を敏感に映し出すバロメーター。月経周期や経血の状態をチェックするのと同時に、基礎体温を測ると、体調管理や更年期の予測に役立ちます。 体調を管理する
大切な情報の宝庫が基礎体温 女性のからだのリズムを知るのに、とても重要なの... 続きを読む

全粒粉

栄養価の高い小麦粉として、今注目されているのが全粒粉。食物繊維やビタミンが豊富で、ヘルシー志向の女性から人気を集めています。 「小麦粉と全粒粉の違いは、お米で言う精白米と玄米と同じ。薄力粉、中力粉、強力粉と分類されている普通の小麦粉は、... 続きを読む

トコトリエノール

近年機能性が注目される成分で、ビタミンEの一種です。ビタミンEには抗酸化作用がありますが、トコトリエノールも同じように、体の細胞が酸化するのを防ぐ役割があります。 「 実はビタミンEには、8種類あるんです。その半数が『トコトリエノール』で... 続きを読む

肩や背中のこわばりを解消するツボとマッサージ方法-イラスト解説付き

一歩ずつ春に近づいているとはいえ、まだまだ寒さはこたえます。前回は寒い季節に起こりがちな足の冷えからくる腰痛対策を紹介しました。今回は、寒さや手の冷えからくる肩と背中のこりによく効くツボマッサージを紹介します。
寒いとどうしてもうつむ... 続きを読む