フレンドールの効能・用量・副作用など

フレンドールの特徴

酸化によって体内にできてしまうサビ(過酸化脂質)は体中でさまざまな悪影響を及ぼします。ビタミンEはその酸化をおさえることにより,末梢の血行をよくしたり,ホルモンバランスを整えたりしてくれます。

フレンドール

フレンドール

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンE主薬製剤
形状 カプセル 
製造会社 ゼネル薬工伊都
販売会社 ゼネル薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC 酢酸トコフェロール・カプセル   Eキャップ・ゴールドII-S   Eデスキャップ「300」   Eファイトナチュール   アルファーE  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



フレンドールの効能・効果

末梢血行障害による次の諸症状※の緩和:肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷え,しもやけ。
更年期における次の諸症状※の緩和:肩・首すじのこり,冷え,手足のしびれ,のぼせ。
月経不順※。
次の場合のビタミンEの補給:老年期

フレンドールの用法・用量

次の量を服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1カプセル:1〜3回
15才未満:服用しないこと
ただし,1日2回服用する場合は朝夕,1日3回服用する場合は朝昼晩服用して下さい。
(用法関連注意)
*用法・用量をおまもり下さい。

フレンドールの成分・分量

1カプセル中
トコフェロール酢酸エステル 100mg
小麦胚芽油 300mg
(添加物)
ゼラチン,グリセリン,パラベン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

フレンドールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
便秘,下痢
4.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

フレンドールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり,品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。