ロスミンB12の効能・用量・副作用など

ロスミンB12の特徴

慢性的な神経痛や肩こり,手足のしびれは末梢神経の傷が原因で起こることがあります。
ロスミンB12は末梢神経修復に関与してその様な症状を緩和する活性型ビタミンB12のメコバラミンを使用しています。
また,ビタミンEが末梢の血行を促進しますので,血行不良による肩こりや手足のしびれも緩和します。

ロスミンB12

ロスミンB12

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミン主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 米田薬品
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 オキソピタンLV錠   チオタミンD2   ナボリンEB錠   ヘルビタB12   リラッセ  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ロスミンB12の効能・効果

次の症状※の緩和:神経痛,肩・首すじのこり,手足のしびれ(しびれ感),腰痛

ロスミンB12の用法・用量

次の1回量を食後に水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15歳以上):1錠:1日3回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守してください。

ロスミンB12の成分・分量

3錠中
メコバラミン 1,500μg
(活性型ビタミンB12)
酢酸d-α-トコフェロール 10mg
(天然ビタミンE)
(添加物)
乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,バレイショデンプン,タルク,ゼラチン,マクロゴール,炭酸カルシウム,二酸化ケイ素,リン酸水素カルシウム,セルロース,ケイ酸カルシウム,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),アラビアゴム,白糖,酸化チタン,カルメロースナトリウム(CMC-Na),カルナウバロウ

ロスミンB12の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹
消化器:食欲不振,悪心,胃部不快感
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合。
2.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
便秘,下痢

ロスミンB12の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(本剤は光に対して不安定です)
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)湿気により錠剤表面が変色することがありますので,ぬれた手で触れないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中の錠剤破損防止用です。開封時に捨ててください。
(6)箱の「開封年月日」記入欄にビンを開封した日付を記入しておいてください。
(7)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。なお,使用期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(8)ビンの中に乾燥剤が入っています。服用しないでください。