パピアセン・Hiの効能・用量・副作用など

パピアセン・Hiの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB1主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 廣貫堂
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

パピアセン・Hiの特徴

パピアセン・Hiは,ビタミンB1(フルスルチアミン塩酸塩)を主薬とし,ビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンB12,コンドロイチン硫酸ナトリウムを配合した医薬品で
●神経痛,関節痛,手足のしびれ,眼精疲労などの諸症状の緩和
●肉体疲労時,病中病後の体力低下時のビタミンB1の補給
などに効果をあらわします。

パピアセン・Hiの効能効果

○次の諸症状の緩和:神経痛,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,便秘,眼精疲労
○脚気
「ただし,これらの症状について,1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は,医師又は薬剤師に相談すること。」
○次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

パピアセン・Hiの用法用量

次の量を,水又は白湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1カプセル:3回(朝,昼,晩)
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。

パピアセン・Hiの成分分量

1日量(3カプセル)中
コンドロイチン硫酸ナトリウム 900mg
フルスルチアミン塩酸塩
(ビタミンB 1誘導体) 25mg
ピリドキシン塩酸塩
(ビタミンB 6) 25mg
リボフラビン酪酸エステル
(ビタミンB 2) 10mg
シアノコバラミン
(ビタミンB 12) 0.06mg
(添加物)
セルロース,部分アルファー化デンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸Mg,黄色5号,カラギーナン,ソルビタン脂肪酸エステル

パピアセン・Hiの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐,口内炎
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
 軟便,下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

パピアセン・Hiの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
 (誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)配置期限の過ぎた製品は服用しないでください。

パピアセン・Hiに効果効能が似た薬

パピアセン・Hiが気になる人向けのコラム

【医師が教える】やればやるほど老ける運動・若返る運動

体を動かすのもおっくうだった冬の峠を抜け、「久しぶりに運動でもしてみようかな?」と思っている人も多いのではないでしょうか。 「体はしっかり使って躍動させることで、どんどんと性能がアップしていきます。体を使うことを習慣化している女性は、心... 続きを読む

【医師が回答!】アトピーが突然再発…なぜですか?

2年ぶりにアトピーが再発しました。腕全体です。薬を使わなくても平気だったのに、なぜでしょうか?
生活環境は変わらず、前兆もありませんでした。 (質問者
ooitさん) 教えて!goo 悪化すると、日常生活にまで支障をきたすことがある... 続きを読む

【医師が回答!】生理中にセックスしても大丈夫?

生理中にセックスするのは大丈夫でしょうか? 嫁が不定期に生理になるので、分かる方は教えてください。 (質問者:curryteam) 教えて!goo curryteamさんのように、“生理中にセックスをしてもいいのか知りたい”という男... 続きを読む

【医師が回答!】「洗顔」って結局どのやり方が正解なんですか?

私は敏感肌、乾燥肌で肌が荒れやすいです。そのため、少しでも刺激を軽減させたくて洗顔の正しいやり方について調べたのですが、サイトによって書いている事が違うので、どの方法が良いのかわかりません。 (質問者
hainf1103さん) 教え... 続きを読む

医師に指導してもらえるメディカルダイエット

メディカル
メディカルダイエットは、医療機関で医師の指導の下にダイエットを行う方法です。
ダイエット外来などで行うこの方法、他のダイエット方法とはどのような違いがあるのでしょうか。
まず、一番は医師の指導の下で行われるため、健康を損... 続きを読む