新マイラックミンエースの効能・用量・副作用など

新マイラックミンエースの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB1主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 ジャパンメディック
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

新マイラックミンエースの特徴

1.本剤は,神経や筋肉の機能維持に必要なビタミンB1に,糖質,脂質,アミノ酸・蛋白質等の生体内代謝に広く関与するビタミンB2,B6,自律神経調節作用のあるγ‐オリザノールを配合しています。
2.これに骨,関節,皮膚,眼の成分であるコンドロイチン硫酸ナトリウムを加えることにより,不快な関節痛(肩こり,腰痛,五十肩)や神経痛,手足のしびれ,眼精疲労などの改善や肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時に役立ちます。

新マイラックミンエースの効能効果

次の諸症状※の緩和:神経痛,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,便秘,眼精疲労。
脚気※。
次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

新マイラックミンエースの用法用量

次の1回量をなるべく空腹時をさけて,水または白湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2カプセル:1?2回。2回服用する場合は,朝・夕に服用してください
15歳未満の小児:服用しないでください
(用法関連注意)
定められた用法・用量をお守りください。

新マイラックミンエースの成分分量

4カプセル中
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 900mg
ベンフォチアミン 138mg
リボフラビン酪酸エステル 12mg
ピリドキシン塩酸塩 50mg
ガンマ-オリザノール 10mg
(添加物)
セルロース,二酸化ケイ素,ヒドロキシプロピルセルロース,タルク,ラウリル硫酸ナトリウム,ゼラチン

新マイラックミンエースの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:胃部不快感,胃部膨満感,食欲不振,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
軟便,下痢
3.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

新マイラックミンエースの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)使用期限(外箱及び容器に記載)を過ぎた製品は服用しないでください。
(4)開封後は,すみやかに服用してください。
(5)水分がカプセルに付きますと内容成分の変質の原因となりますので,誤って水滴を落としたり,ぬれた手で触れないでください。
(6)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。

新マイラックミンエースに効果効能が似た薬

新マイラックミンエースが気になる人向けのコラム

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

乱れがちな生活のリズム-体内時計を整える5つのテクニック

私たちの体には、意識しなくてもきまった周期で体の働きを変動させる「生体リズム」が備わっています。たとえば夜暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める24時間周期の睡眠・覚醒のリズム、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期でくり返す睡眠のリズム... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

夏の早起きは健康度UPにつながる! 生活のリズムを整えるコツ

東日本大震災による夏の電力不足対策で節電が課題となる中、「サマータイム」という言葉をよく耳にするようになりました。
夏の間時計の針を1時間早める「サマータイム」は、当初国全体での導入も検討されましたが、大規模な実施に伴う莫大なコストと... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む